Detail
 
エマソンの「文明」論

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/184頁
初版年月日:2017/06/30
ISBN:978-4-7664-2420-1
(4-7664-2420-4)
Cコード:C3010
定価 4,104円(本体 3,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
The Golden Day of American Literature 詳細を見る
エマソンの「文明」論
その新出邦訳「開化」に関する考察
山本 晶 編著
目次 著者略歴

▼近年発見された新資料4点!

@エマソンの「文明」論―その未刊邦訳原稿「開化」が出現したので、影印・翻刻を提供、広く時代背景を探ると共に内容を考察し、訳者の同定を試みる。
A米国で所在不明、宛先不詳とされていたエマソンの重要書簡(英国の自由思想家チャールズ・ブレイ宛)を影印・翻刻と共に提供し、内容を考証する。
B日本の文明開化に大きく貢献した福澤諭吉の書幅「聞世論」を紹介し、論考を加える。全集未載。
C門地経歴を問わず有能な若い世代を強く推薦した、福澤諭吉の新書簡を紹介し考察する。全集未載。

19世紀アメリカの代表的思想家R・W・エマソンは、明治時代から日本の知的読者層に多大な影響を与えた。
本書はエマソンの「文明」論の未刊邦訳、エマソンや福澤諭吉に関係する新資料を、オードリー・ヘプバーン切手や福澤切手など多彩なイラストをまじえて提供する。さらにはエマソンの新出書簡にからめて、エドガー・A・ポウの短篇にひそむ郵便詐欺の真相を解明する。

目次

 まえがき

《本論》 エマソンの「文明」論――その新出邦訳「開化」に関する考察
 A 原典公刊  
 B 本邦初訳  
 C 新出邦訳 
 D 続く邦訳  
 E むすびに  
   参考文献

《影印》 謙堂名義「開化」の原稿
       鋭一名義の原稿三篇
《翻刻》 謙堂の「開化」邦訳原稿

《付録》 エマソンのチャールズ・ブレイあて書簡――東京に出現する
      郵便詐欺事件の謎――ポウ短篇「実業家」の真相を解明する
      福澤諭吉より中島永 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編著者】
山本 晶(やまもと・しょう)
昭和9(1934)年東京市芝区芝公園に生まれる
元 慶應義塾大学文学部(英米文学)教授
前 東京家政学院大学人文学部(比較文化)教授
現 慶應義塾大学名誉教授

定価4,104円 (本体:3,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.