Detail
 
メディアの公共性

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/並製/260頁
初版年月日:2016/10/31
ISBN:978-4-7664-2377-8
(4-7664-2377-1)
Cコード:C3036
定価 2,700円(本体 2,500円)

メディアの公共性
転換期における公共放送
大石 裕 編著
山腰 修三 編著
中村 美子 編著
田中 孝宜 編著
目次 著者略歴

▼いま公共放送が直面する問題とは何か?

メディア環境・政治・社会・経済構造の急激な変化の中で、
問い直される「メディアの公共性」。

▼世界的に関心の高まる公共放送の国際的な動向と、
今後の方向性を解説する入門書。
放送業界をめざす学生、メディア関係者は、必携の一冊。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

はじめに   編者一同

  第T部 メディアの公共性を問い直す
 
第1章 公共放送とは何か
 山腰修三
 1 放送の公共性とその制度化 / 2 公共放送の社会的機能 / 3 岐路に立つ公共放
 送 / 4 メディアの公共性の可能性

第2章  「公共サービスとしての放送」の限界と可能性
―― BBCの現代的意義
 中村美子
 1 はじめに ―― 放送の始まりと公共放送の誕生 / 2 公共放送モデル ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

(※( )は、担当章)
【編著者】
大石 裕(おおいし ゆたか / Yutaka Oishi)(第4章)
慶應義塾大学法学部教授

山腰 修三(やまこし しゅうぞう / Shuzo Yamakoshi)(第1章)
慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所准教授

中村 美子(なかむら よしこ / Yoshiko Nakamura)(第2・5章)
NHK放送文化研究所メディア研究部上級研究員

田中 孝宜(たなか たかのぶ / Takanobu Tanaka)(第10章)
NHK放送文化研究所メディア研究部上級研究員

【執筆者】
鈴木秀美(すずき ひでみ / Hidemi Suzuki)(第3章)
慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授

タイスト・フヤネン(Taisto Hujanen)(第6章)
タンペレ大学コミュニケーション・メディア・演劇学部名誉教授

タニヤ・マイヤーホーファー(Tanja Meyerhofer)(第7章)
欧州放送連合研究員

ヒルデ・ヴァン・デン・ブルック(Hilde van den Bulck)(第8章)
アントワープ大学コミュニケーション研究学部教授

カレン・ドンダース(Karen Donders)(第8章)
ブリュッセル自由大学コミュニケーション学部准教授

パラポン・ロドライドォ(Palphol Rodloytuk)(第9章)
シナワトラ大学教養学部准教授

アラン・G・スタヴィツキー(Alan G. Stavitsky)(第11章)
ネバダ大学リノ校ドナルド・レイノルズ・ジャーナリズム学部学部長

ミンナ・アスラマ・ホロヴィッツ(Minna Aslama Horowitz)(第12章)
セント・ジョーンズ大学マスコミュニケーション学部准教授

コリン・シュヴァイツァー(Corinne Schweizer)(第13章)
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス メディア・コミュニケーション学部特別研究員

定価2,700円 (本体:2,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.