Detail
 
学術書の編集者

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/224頁
初版年月日:2016/07/30
ISBN:978-4-7664-2352-5
(4-7664-2352-6)
Cコード:C1000
定価 1,944円(本体 1,800円)
学術書の編集者
書評 目次 著者略歴

▼読むこと そして 挑発 = 媒介

名古屋大学出版会の編集長として、数々の記念碑的な企画を世に送り出し、
日本の学術書出版を牽引する著者が、編集・本造りの実際について縦横に語る、
現役編集者必携、志望者必読のしなやかな鋼の如き編集論。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

朝日新聞 2019年3月12日(29面)「教育面・お堅くない 大学出版会」で取り上げられました。
みすず no.656(2017年1-2月号)の「2016年読書アンケート」にて、阿部公彦氏(英文学)からコメントをいただきました。
朝日新聞 2016年10月16日読書面(14面)「著者に会いたい」に掲載されました。 本文はこちら

目次

はじめに

序 章 学術書とは何か
 1 悲観せず、楽観せず ―― 出版をめぐる状況から
 2 情報か、知識か ―― 学術書をめぐる現状から

第1章 編集とは何か ―― 挑発 = 媒介と専門知の協同化
 はじめに
 1 編集の役割(1) ―― たて・とり・つくり
 2 編集の役割(2) ―― 読むこと、そして挑発 = 媒介
 3 専門知の媒介 = 協同化の必要性
 4 専門知と徳科学論
 5 専門知の協同化の類型
 6 共通の知的基盤と「新しい教養」
 7 知識のメ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

橘 宗吾(たちばな そうご)
名古屋大学出版会 専務理事・編集部長。大学出版部協会理事(中部地区担当)・編集部会副部会長。1963年兵庫県加古川市生まれ。1989年京都大学文学部フランス語・フランス文学科卒業。以後、一貫して名古屋大学出版会で学術書の編集に携わり、1997年より編集部の責任者も務める。人文学・社会科学を中心に幅広い分野の書籍を手がけ、担当した書籍は、さまざまな学会賞のほか、日本学士院賞、大佛次郎賞、毎日出版文化賞、日経・経済図書文化賞、サントリー学芸賞、アジア・太平洋賞、大平正芳記念賞、角川源義賞、和辻哲郎文化賞、渋沢・クローデル賞、マルコ・ポーロ賞、ピーコ・デッラ・ミランドラ賞、レッシング翻訳賞、日本翻訳文化賞、同出版文化賞などを受賞。受賞数は100を超える。そのかん名古屋大学出版会も、1998年の梓会出版文化賞特別賞のほか、2007年に「学術分野での先駆的出版活動」が認められて中日文化賞を受賞した。

定価1,944円 (本体:1,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.