Detail
 
断絶と新生

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/280頁
初版年月日:2016/03/31
ISBN:978-4-7664-2322-8
(4-7664-2322-4)
Cコード:C3022
定価 3,780円(本体 3,500円)

本書と関連する書籍をご紹介します
光の形而上学 詳細を見る
地中海世界の旅人 詳細を見る
断絶と新生
中近世ヨーロッパとイスラームの信仰・思想・統治
目次 著者略歴

▼断絶を超え、未来を築いた人びと

異文化との接触や宗教改革、体制の激変など、
中近世キリスト教世界とイスラーム世界を襲った幾度もの断絶を
人びとはいかに受け止め、乗り越えようとしたのか。
遺された史料から、彼らを取り巻く世界や時代の刻印を読み解く。

目次

序   神崎忠昭


T 知の挑戦
 預言者の聖なる「旅」に終末のヴィジョンを見る
 ―― イスマーイール派思想家ラーズィー(322/934歿)によるムハンマドの「夜の旅」と
 「昇天」の物語解釈から   野元 晋

 中世地中海世界における科学知の継承と占星術的天文学   岩波敦子

 中世存在論における断絶と改革
 ―― 超越概念をめぐって   山内志朗


U ことばをめぐって
 時代の分かれ道で
 ―― ニコラ・ド・クラマンジュ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

(※執筆順)
野元 晋(のもと しん)
1961年生まれ。マギル大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。現在、慶應義塾大学言語文化研究所教授。専攻は、イスラーム思想史。主要論文に「イブン・ルシュド」(内山勝利・小林道夫・中川純男他編)『哲学の歴史 第3巻 神との対話[中世]』(中川純男責任編集、中央公論新社、2008年)、「イスマーイール派の預言者論 ―― 初期の新プラトン主義的学派を中心として」(竹下政孝・山内志朗編)『イスラーム哲学とキリスト教中世』V『神秘哲学』(岩波書店、2012年)がある。

岩波敦子(いわなみ あつこ)
1962年生まれ。ベルリン自由大学にて博士号 Dr.phil. 取得。現在、慶應義塾大学理工学部教授。専攻は、ヨーロッパ中世史。主著に memoria et oblivio. Die Entwicklung des Begriffs memoria in Bischofs- und Herrschrurkunden des Hochmittelalters (Berlin, 2004)、『誓いの精神史 ―― 中世ヨーロッパの〈ことば〉と〈こころ〉』(講談社選書メチェ、2007年)、『精神史における言語の創造力と多様性』(納富信留・岩波敦子編著、慶應義塾大学出版会、2008年)などがある。

山内志朗(やまうち しろう)
1957年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。現在、慶應義塾大学文学部教授。専攻は、中世哲学。主著に、『普遍論争』(平凡社ライブラリー、2008年)、『存在の一義性を求めて ―― ドゥンス・スコトゥスと13世紀の〈知〉の革命』(岩波書店、2011年)などがある。

神崎忠昭(かんざき ただあき)
1957年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。現在、慶應義塾大学文学部教授。専攻は、西洋教会史。主著に、『ヨーロッパの中世』(慶應義塾大学出版会、2015年)などがある。

松田隆美(まつだ たかみ)
1958年生まれ。ヨーク大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。現在、慶應義塾大学文学部教授。専攻は、中世英文学。主著に、『ヴィジュアル・リーディング ―― 西洋中世におけるテクストとパラテクスト』(ありな書房、2010年)、『ロンドン物語 ―― メトロポリスを巡るイギリス文学の700年』(共編著、慶應義塾大学出版会、2011年)などがある。

藤井真生(ふじい まさお)
1973年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。博士(文学)。現在、静岡大学人文社会科学部准教授。専攻は、中世チェコ史。著書に『中世チェコ国家の誕生 ―― 君主・貴族・共同体』(昭和堂、2014年)、主要論文に「イタリア司教の目に映った15世紀のチェコ ―― エネアのボヘミア・レポートとその背景」(長谷部史彦編)『地中海世界の旅人 ―― 移動と記述の中近世史』慶應義塾大学出版会、2014年)などがある。

池上俊一(いけがみ しゅんいち)
1956年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。博士(文学)。現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は、西洋中世史。主著に、『公共善の彼方に ―― 後期中世シエナの社会』(名古屋大学出版会、2014年、フォスコ・マライーニ賞受賞)、『魔女と聖女 ―― ヨーロッパ中・近世の女たち』(講談社現代新書、1992年 / ちくま学芸文庫(改訂版)、2015年)などがある。

原田晶子(はらだ あきこ)
エアランゲン大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。現在、東京大学大学院総合文化研究科学術研究員。専攻は、中近世ドイツ史。主要著書・論文に、Die Symbiose von Kirche und Stadt im Spätmittelalter: Das bürgerliche Gemeinschaftsbewusstsein und Stiftungen an die Pfarrkirchen in der Reichsstadt Nürnberg, Dr. Kovač (Hamburg), 2014、「中世末期ドイツの都市における聖母マリア賛歌「サルヴェ・レジーナ」寄進の社会的意義 ―― 帝国都市ニュルンベルクを例に」(『比較都市史研究』)31(2)、2012年)などがある。

関 哲行(せき てつゆき)
1950年生まれ。上智大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、流通経済大学社会学部教授。専攻は、中近世スペイン史。主著に『スペインのユダヤ人』(山川出版社、2003年)、『スペイン巡礼史 ―― 「地の果ての聖地」を辿る』(講談社現代新書、2006年)、『旅する人びと』(岩波書店、2009年)などがある。

佐藤健太郎(さとう けんたろう)
1969年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、北海道大学大学院文学研究科准教授。専攻は、マグリブ・アンダルス史。主著に、 T. Miura & K. Sato ed., The Vellum Contract Documents in Morocco in the Sixteenth to Nineteenth Centuries (共編著、Tokyo: Toyo Bunko, 2015)、関哲行・高石博高・中塚次郎編『世界歴史体系 スペイン史1 古代〜近世』(共著、山川出版社、2008年)、私市正年・佐藤健太郎編『モロッコを知るための65章』(共編著、明石書店、2007年)などがある。

定価3,780円 (本体:3,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.