Detail
 
植物の世代交代制御因子の発見

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/190頁
初版年月日:2016/02/29
ISBN:978-4-7664-2297-9
(4-7664-2297-X)
Cコード:C3345
定価 2,376円(本体 2,200円)

植物の世代交代制御因子の発見
書評 目次 著者略歴

▼私が植物の発生進化を志すようになった
私はつたない英語でABCモデルの提唱者の一人であるボーマン博士に自分を売り込んだ。「こんど、オーストラリアに研究室をもつと聞いたのですが、新しい研究室にヒメツリガネゴケの研究者なんていりませんか」「“How about me ? ”(私なんかどうですか)」
1980年代以降分子発生遺伝学が進展するなか、生物の形づくりにかかわる重要な遺伝子(発生遺伝子)がいくつも発見され、さらに進化的に離れた形が異なる生物間でも共通の発生遺伝子によってその形づくりが制御されていることがわかった。ここに発生進化学(いわゆる「エボデボ」)が誕生した。生物が共通にもつ発生を司る遺伝子、すなわち発生遺伝子に着目してその機能や発現を異なる生物間で比較すれば、生物が進化の過程で異なる形をもつようになった理由も説明できるのではないかと期待された。<「はじめに」より>



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

朝日新聞 2016年3月6日読書面(15面)「情報フォルダー」にて紹介されました。

目次

第1章 発生進化学との出合い
 1.1 ジェネラリストをめざした広島大学総合科学部
 コラム1 分子系統学
 1.2 植物の発生進化研究をしよう!―― 疾風怒濤の進学先探し
 コラム2 次世代シーケンサー
 コラム3 花器官形成ABCモデル

第2章 発生進化研究モデル
―― ヒメツリガネゴケの誕生 ――
 2.1 基礎生物学研究所での研究三昧
 2.2 ヒメツリガネゴケの名付け親になる
 2.3 ヒメツリガネゴケ研究始動
 2.4 相同組換えが容易とは
 2.5 ヒメ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【監修者】
斎藤成也(さいとう・なるや)
1957年生まれ。テキサス大学ヒューストン校生物学医学大学院修了(Ph.D.)。現在は国立遺伝学研究所教授。おもな著書に『DNAから見た日本人』(ちくま新書)、『ゲノム進化学入門』(共立出版)、『Introduction to Evolutionary Genomics』(Springer)、『日本列島人の歴史』(岩波ジュニア新書)などがある。

塚谷裕一(つかや・ひろかず)
1964年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、博士(理学)。現職は東京大学大学院理学系研究科教授。岡崎統合バイオサイエンスセンターおよび放送大学客員教授も努める。おもな著書に、『漱石の白くない白百合』(文藝春秋)、『変わる植物学、広がる植物学』(東京大学出版会)、『スキマの植物図鑑』(中公新書)など。趣味は、植物に関するさまざまなこと、エッセイ書き、おいしいもの探索など。

高橋淑子(たかはし・よしこ)
1960年生まれ。京都大学理学研究科博士課程修了(理学博士)。現在は京都大学大学院理学研究科生物科学専攻教授。おもな訳書に『ギルバート発生生物学』(監訳、メディカル・サイエンス・インターナショナル出版)がある。趣味は歌(合唱)。大阪フィルハーモニー合唱団所属。

【著者】
原恵子(さかきばら・けいこ)
1973年生まれ。総合研究大学院大学にて博士(理学)取得。山口県立萩高等学校常勤講師、広島大学大学院理学研究科日本学術振興会特別研究員(PD)、オーストラリア・モナシュ大学リサーチフェロー、科学技術振興機構 ERATO長谷部分化全能性プロジェクト技術参事、東京大学大学院理学系研究科助教などを経て、現在は金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー博士研究員。専門は植物の発生進化。

定価2,376円 (本体:2,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2018 Keio University Press Inc. All rights reserved.