Detail
 
越境的な規範の形成と執行

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/252頁
初版年月日:2014/09/30
ISBN:978-4-7664-2170-5
(4-7664-2170-1)
Cコード:C3032
定価 7,560円(本体 7,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
人文地理学 詳細を見る
トランスナショナル化する世界 詳細を見る
越境的な規範の形成と執行
目次 著者略歴

国境を越えてなお有効な統治の仕組みというものは、果たしてあり得るのか?
あるとすれば、誰がいかにしてパワーを行使するのか?
グローバル時代の国際社会規範を探る!

グローバル化にともない、国境を越えた組織や活動を統治する主体と方法に劇的な変質が見られる。本書はこれを「統治革命」とよび、狭義の「法」のみならず、法的拘束力のないルールや規範(ソフトロー)に焦点を当てて、その本質とメカニズムを明らかにする。また、「国境を越える統治(トランスナショナル・ガバナンス)」の仕組みの構築と発展を検討することを通じて、トランスナショナル企業や国際NGOなどの組織が持続的に活動するにあたって必要となる「戦略」と「選択肢」を論ずる。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

    
    
はしがき

    
序 章 グローバル化とトランスナショナル・ガバナンス
 1) 何故、グローバル化とトランスナショナル・ガバナンスなのか?
 2) グローバル化についての2つの論点(その1):
   貿易の変質と国際分業システム
 3) グローバル化についての2つの論点(その2):
   市場化原理と格差拡大
 4) ガバナンスとは何か?
 5) 本書の構成

 第T部 トランスナショナル化とガバナンスの変質

……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

杉浦 章介(すぎうら のりゆき)
慶應義塾大学名誉教授。Ph.D.(地理学、ペンシルベニア州立大学、1983年)
1947年生まれ。1971年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業、1975年同大学大学院社会学研究科修士課程修了、1985年同博士課程単位取得退学。慶應義塾大学経済学部助手、同助教授、同教授を歴任。
主要著書:『都市経済論』(岩波書店、2003年)、『人文地理学――その主題と課題』(共著、慶應義塾大学出版会、2005年)、『トランスナショナル化する世界――経済地理学の視点から』(慶應義塾大学出版会、2009年)、『ジオ・メディアの系譜――進化する地表像の世界』(共著、慶應義塾大学出版会、2010年)など。

定価7,560円 (本体:7,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.