Detail
 
意識と本質 一九八〇年 ― 一九八一年

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製函入(ビニールカバー付き)/516頁
初版年月日:2014/07/18
ISBN:978-4-7664-2076-0
(4-7664-2076-4)
Cコード:C3310
定価 6,480円(本体 6,000円)

意識と本質 一九八〇年 ― 一九八一年
井筒 俊彦
木下 雄介 解題・索引
目次 著者略歴

井筒俊彦の最高傑作、いよいよ登場!

▼海外での20年に亙る活動をへて、「東洋思想」の新たな世界を切り拓こうとした主著「意識と本質」を収録。
また、解題では収録作品の基本的な書誌情報に加え、『意識と本質』各版の重要な校異を記す。

▼著作集、単行本未収録の「転変を重ねて」では井筒の意外な一面が語られる。

▼月報は三浦雅士、中根千枝、合庭惇各氏が寄稿、井筒像を多角的に語る。

目次

 凡 例

 一九八〇年
意識と本質――東洋哲学の共時的構造化のために
神秘主義の根本構造 〔上田閑照・大沼忠弘との鼎談〕
イスラームの二つの顔 ―― 時局的関心の次元を超えイスラームという
 宗教・文化の精神を把握するための方途を説く
転変を重ねて
第一級の国際人
『イスラーム神秘主義におけるペルソナの理念』序詞

 一九八一年
『みすず』読書アンケート(一九八〇年)への回答
イスラーム文明の現代的意義〔伊東俊太郎との対談〕 

  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
井筒 俊彦(いづつ としひこ)
1914年東京・四ツ谷生まれ。1937年慶應義塾大学英語英文学科卒業、同大学文学部助手。1941年『アラビア思想史』、49年『神秘哲学』。1959年から2年間にわたって中近東・欧米でイスラーム研究に従事。1961年マギル大学客員教授、69年同大学イスラーム学研究所テヘラン支部教授、75年イラン王立研究所教授。
1979年イラン革命激化のためテヘランから日本に帰国。『意識と本質』(1980-82年)、『意味の深みへ』(1985年)、『コスモスとアンチコスモス』(1989年)、『超越のことば』(1991年)、絶筆『意識の形而上学』(1993年)など代表著作を発表。1993年北鎌倉の自宅にて逝去(78歳)。

【解題・索引】
木下 雄介(きのした ゆうすけ)
中央大学、学習院大学、駒澤大学非常勤講師(フランス語)。
1957年東京都生まれ。1980年一橋大学社会学部卒業。1986年東京都立大学大学院博士課程満期退学。フランス文学・イスラーム哲学専攻。
主要業績:「不可解なペニュルチエーム――マラルメの散文詩『類推の魔』について」(『東京都立大学人文学報』1984年)、「イブン・シーナーの魂論」(『イスラーム哲学とキリスト教中世』I、岩波書店、2011年)、イブン・シーナー『魂について』(翻訳、知泉書館、2012年)等。

定価6,480円 (本体:6,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.