Detail
 
こころをつなぐ小児医療

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/272頁
初版年月日:2013/05/30
ISBN:978-4-7664-2043-2
(4-7664-2043-8)
Cコード:C3047
定価 3,024円(本体 2,800円)
こころをつなぐ小児医療
目次 著者略歴

良い小児科医になるための道標

「良い小児科医とは、最新・最高の知識と技術を身につけながら、自分で訴えられない子どもたちに代わって、
医療・発達・生活について提言し、社会に対して行動する医師である」
小児科医40年の経験をおしみなく伝えつつ、これからの小児科医への願いをこめた書。
ベテラン小児科医が伝える小児科医療の魅力。

▼著者の小児科医師としての40年間の経験から、「子どもとの関係づくり」「親とのコミュニケーションづくり」など、医療の技術だけでなく医療に携わる者の“こころ”について具体的なエピソードとともに語り、また現代社会で小児科医師が果たしてほしい役割について提言する。
▼大学の医学教育では伝えることのできない、小児科医療の魅力・醍醐味を若い医師たちへ惜しみなく伝える一冊。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

はじめに
  
第一章 こころをつなぐ

 §1 小児科の魅力を伝える!
 §2 君の心臓の音を聴いてみる?
 §3 脳を先生にやる!
 §4 鏡と医師
 §5 はじめての別れ
 §6 小児医療とパターナリズム
 §7 いのちの輝き
 §8 「私」をよく見て
 §9 「患者様」と「クライアント」
 §10 子どもたちにとっての入院生活
 §11 難病の子どもたちが考えていること
 §12 封印が取れたんだもん!
 §13 頑張り屋
 §14 自閉症 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

満留 昭久(みつどめ あきひさ)
福岡大学名誉教授。国際医療福祉大学大学院教授。国際医療福祉学院学院長。医学博士。教育と医学の会理事。専門は小児科・小児神経学。
1939年鹿児島県生まれ。1965年九州大学医学部卒業。1970年九州大学病院小児科助手。1975年福岡大学医学部へ。同大学医学部講師、助教授を経て小児科教授。1997年福岡大学病院副病院長、2001年同大学医学部長。2006年3月福岡大学退職、同年4月より現職。2006年からNPO法人子どもの村福岡理事長。
日本小児科学会、日本小児神経学会、臨床神経生理学会、日本てんかん学会などの評議員・理事を務める。
著書に『新小児医学大系』(分担執筆、中山書店、1985年)、『小児神経疾患診療ハンドブック』(共著、南江堂、1988年)、『ベッドサイドの小児の診かた(第2版)』(編著、南山堂、2001年)、『小児神経学の進歩〈第30集〉』(共著、診断と治療社、2001年)、『こころの発達をはぐくむ』(共編、慶應義塾大学出版会、2002年)など。

定価3,024円 (本体:2,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.