Detail
 
憲法の優位

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/384頁
初版年月日:2012/11/20
ISBN:978-4-7664-1997-9
(4-7664-1997-9)
Cコード:C3032
定価 6,480円(本体 6,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
フランス憲政学の動向 詳細を見る
憲法の優位
目次 著者略歴

ドイツ憲法学の主要問題に切り込む。
▼ドイツ立憲主義の確立期、基本法下における立憲主義の完成期、そしてグローバル化・ヨーロッパ化の中での国民国家の変容という3つの観点から、立憲主義研究の第一人者として知られるライナー・ヴァール教授の著作を編成。立憲主義の確立から将来像まで、その変容を骨太に描き出す! 気鋭の憲法学者小山剛教授が編成・監訳した注目の論文集。

▼憲法の優位を維持しつつ連邦憲法裁判所に抑制を求めるヴァール教授の見解は、ドイツはもとより、日本でも高い関心と共感が寄せられている。また、ヨーロッパ化、グローバル化の進むドイツにおいては、国民国家や憲法といった基本観念にまで変容が生じうるとし、公法発展の新しい段階としてその概要の分析・考察を行うヴァール教授の著作からは、今後グローバル化に直面していく日本の公法学は多くを学ぶことができる。

目次

序 言

T 公法の50年間の発展
 A. 現行公法史は何のためにあるのか?
 B. 50年代の公法建設期
  T. 建設期における法のメルクマール
  U. 法発展の第一段階における公法の構造メルクマール
 C. 建設期後の法発展―社会の変動および新しい国家任務への回答
  T. 社会の変遷――新しい国家任務――法の複合的リアクション
  U. 計画と、地域的計画に関する法
  V. 環境保護と環境法
  W. リス ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
ライナー・ヴァール(Rainer Wahl)
1941年生まれ。1969年にハイデルベルク大学より法学博士号を、1976年にビーレフェルト大学より教授資格を授与される。ボン大学教授を経て、1978年より2006年までフライブルク大学公法学講座教授。1998年〜99年、ベルリン高等研究所(Wissenschaftskolleg in Berlin)研究員を兼務。1998年以降、日独憲法学シンポジウムをドイツ側代表者として定期的に主催。

【訳者】(掲載順)
小山 剛(監訳者)
(慶應義塾大学法学部教授)
斎藤 誠
(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
上村 都
(新潟大学法学部准教授)
野呂 充
(大阪大学大学院高等司法研究科教授)
石塚壮太郎
(慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程)
柴田 憲司
(東洋大学法学部非常勤講師)
宮地 基
(明治学院大学法学部教授)
岡田 俊幸
(日本大学大学院法務研究科教授)
栗城 壽夫
(聖学院大学大学院特任教授・東亜大学大学院客員教授・大阪市立大学名誉教授・
上智大学名誉教授)
岩間 昭道
(法政大学大学院法務研究科教授)
石村 修
(専修大学大学院法務研究科教授)
玉蟲 由樹
(福岡大学法学部教授)
鈴木 秀美
(大阪大学大学院高等司法研究科教授)
三宅 雄彦
(埼玉大学経済学部教授)

定価6,480円 (本体:6,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.