Detail
 
スポーツは誰のためのものか

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/280頁
初版年月日:2011/04/25
ISBN:978-4-7664-1829-3
(4-7664-1829-8)
Cコード:C1075
定価 1,944円(本体 1,800円)
スポーツは誰のためのものか
目次 著者略歴

スポーツは誰のためのものか?
半世紀以上にもわたりスポーツ報道現場にたちつづけた著者による「これからの日本スポーツ論」。日本人の非常に偏りのある「スポーツ認識」が、一般市民がスポーツを愛好しにくい現状を生み出していることを指摘し、地域に根ざしたスポーツ活動の促進を説く。






紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

はじめにー「スポーツ・コミュニケーション」のきっかけー

第1章 日本(人)のスポーツ観
 スポーツの起源と日本への伝来/体育とスポーツ/スポーツと健康/スポーツは誰のためのものか

第2章 教育の「現場」とスポーツ
 中学・高校でのスポーツ/大学でのスポーツ/体育会とスクールビジネス/クラブ主体のヨーロッパ/アメリカの大学スポーツ/変化を問われる日本の大学スポーツ/大学スポーツの新たな試み/競技会低迷を乗り越えるために/スポーツは誰のためのものか

第3章 企業とスポーツ
  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

杉山 茂(すぎやま・しげる)
スポーツプロデューサー
1936年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。
元スポーツ報道センター長(1998〜92年)。
NHKのディレクターとして、スポーツ番組の企画、制作、取材、放送権交渉などを手がけ、長野冬季オリンピックでは放送機構マネージングディレクターを務めた。1998年NHK退局後は、スポーツ評論の著述、番組制作会社エキスプレス・スポーツのエグゼクティブプロデューサーなどで活躍。
Jリーグ理事(1998〜2002 年)、2002年ワールドカップ日本組織委員会放送業務局長(〜2002年7月)のほか、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科客員教授(2005〜9年)などを歴任。
著作に『テレビスポーツ50年――オリンピックとテレビの発展 力道山から松井秀喜まで(杉山茂&角川インタラクティブ・メディア)』角川書店(2003年)、「スポーツ・あ・い ブラウン管からみたスポーツ」(日本体育協会『スポーツジャーナル』連載、95年度「ミズノ・スポーツライター賞」受賞)。


定価1,944円 (本体:1,800円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.