Detail
 
家計労働供給の観測と理論

大きな画像を見る

画像をダウンロード
B5判/上製/528頁
初版年月日:2010/12/24
ISBN:978-4-7664-1795-1
(4-7664-1795-X)
Cコード:C3333
定価 10,800円(本体 10,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
経済事象に潜在する構造の探求 詳細を見る
家計労働供給の観測と理論
目次 著者略歴

労働市場の分析モデルを構築した不朽の名著。
▼Keio Economic Observatory Review, December, 1983, No.4/5, に掲載された小尾恵一郎名誉教授の代表的研究「家計労働供給の観測と理論の構成――供給法則の探索過程」を慶應義塾大学産業研究所が産研選書として書籍化。労働市場の計量分析モデルを構築した画期的研究。

目次

解題『家計労働供給の観測と理論』
T 家計の労働供給の雇用機会モデル――A型家計の第1次近似モデル
U 労働市場の順位均衡モデル――賃金較差の発生と変動機構の理論
V 雇用機会モデルの一般化――第T章への補論
W Allen-Bowley型選好関数に基づくA型家計の雇用機会モデル
X 選好パラメタの探索――雇用機会モデルによる第2次計測
Y 雇用・自営総合理論への拡張――A型家計、選好パラメタの推定値の精度の向上(第3次計測値を求めること)
Z 一般臨界核所得と特殊臨界核所得――自 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

小尾恵一郎(おびけいいちろう:1927〜1997年)
1950年慶應義塾大学経済学部卒業。慶應義塾大学名誉教授。労働供給・需要関数の理論と計測、重層的労働市場モデルにかんする論文等多数。

定価10,800円 (本体:10,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.