Detail
 
日中戦争期中国の社会と文化

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/436頁
初版年月日:2010/06/25
ISBN:978-4-7664-1758-6
(4-7664-1758-5)
Cコード:C3031
定価 6,264円(本体 5,800円)

日中戦争期中国の社会と文化
書評 目次 著者略歴

日中戦争史を捉え直すシリーズ第3巻。
▼日中戦争に関する国際共同研究の成果。政治的・感情的要素を排除して、日・北米・中・台の研究者が新たな視点から日中戦争史を捉え直すシリーズ。
▼中国の人々は戦争をどのように生きたのか? 戦場となった中国で繰り広げられた「抵抗のための文化変容」を、政策も民間運動も含めた多様な側面から検証する。この分野の世界水準を示す論文集。

書評

中国研究月報  2011年11月号(Vol.65 No. 11)「書評」(58頁)にて紹介されました。

目次

「日中戦争の国際共同研究」刊行にあたって   山田辰雄
まえがき   エズラ・ヴォーゲル(平野健一郎訳)

総 論 日中戦争期、中国の社会と文化の変容   平野健一郎
 はじめに 本巻の目的
 1 日中戦争下の中国の社会と文化
 2 本巻の構成 
 3 本巻の特徴と課題
 おわりに

第1部 戦争と文化政策
第1章 抗戦期中国国民党の教育政策とその効果   金以林(馬越麻紗美訳)
 1 戦時教育方針論争――「戦時教育も平時のように」
 2 戦時教育救済措置 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【執筆者】
エズラ・ヴォーゲル(Ezra F. Vogel) 米国・ハーバード大学ヘンリー・フォード社会科学研究講座名誉教授
平野健一郎(ひらの・けんいちろう) 早稲田大学・東京大学名誉教授、国立公文書館アジア歴史資料センター長
山田辰雄(やまだ・たつお) 慶應義塾大学名誉教授
金以林(きん・いりん) 中国社会科学院近代史研究所研究員
桑兵(そう・へい) 中国・中山大学歴史系教授・孫中山研究所所長
貴志俊彦(きし・としひこ) 京都大学地域研究統合情報センター教授
汪朝光(おう・ちょうこう) 中国社会科学院近代史研究所研究員、民国史研究室主任
ポシェク・フ(Poshek Fu) 米国・イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校歴史学部教授兼東アジア・太平洋研究センター所長
福士由紀(ふくし・ゆき) 総合地球環境学研究所研究員
張建俅(ちょう・けんきゅう) 台湾・国立中正大学歴史学系副教授
小浜正子(こはま・まさこ) 日本大学文理学部教授
土田哲夫(つちだ・あきお) 中央大学経済学部教授
内田知行(うちだ・ともゆき) 大東文化大学国際関係学部教授
江沛(こう・はい) 中国・南開大学歴史学院教授
ビル・シーウェル(Bill Sewell) カナダ・セント・メアリーズ大学歴史学部准教授
ノーマン・スミス(Norman Smith) カナダ・ゲルフ大学歴史学部准教授
チャールズ・ヘイフォード(Charles Hayford) 米国・ノースウェスタン大学客員教授

【訳者】
馬越麻紗美(うまこし・あさみ) 大阪外国語大学大学院言語社会研究科修士課程修了
後井隆伸(うしろい・たかのぶ) 独立行政法人国際交流基金日中交流センター職員
青柳伸子(あおやぎ・のぶこ) 慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程
鷲谷花(わしたに・はな) 日本学術振興会特別研究員
三品英憲(みしな・ひでのり) 和歌山大学教育学部准教授
薮田麻夕子(やぶた・まゆこ) フリーランス通訳・通訳教育
斎川貴嗣(さいかわ・たかし) ドイツ・ハイデルベルク大学大学院博士課程
高光佳絵(たかみつ・よしえ) 千葉大学大学院人文社会科学研究科助教
加藤公一(かとう・こういち) 岐阜大学地域科学部教員

定価6,264円 (本体:5,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.