Detail
 
文明論之概略

大きな画像を見る

画像をダウンロード
全書判(B6判変型)/並製/418頁
初版年月日:2009/05/30
ISBN:978-4-7664-1624-4
(4-7664-1624-4)
Cコード:C0010
定価 1,512円(本体 1,400円)

文明論之概略
目次 著者略歴

[コンパクト版で読む福澤諭吉の本]
 新字・新かなを使用した読みやすい表記、わかりやすい「語注」「解説」による編集。

畢生の大作

達意の文章、豊富な事例、緻密な分析で、文明の本質を説き明かし、あらためて日本の近代化の歩みを問い直す。『学問のすゝめ』、『福翁自伝』と並ぶ、福澤諭吉の代表作。

※本書は、2002年7月、当社から福澤諭吉著作集(全12巻)の第4巻として刊行されたものです。
 ▶福澤諭吉著作集全12巻についてはこちら

目次


緒言

巻之一  第一章  議論の本位を定る事
     第二章  西洋の文明を目的とする事
     第三章  文明の本旨を論ず
巻之二  第四章  一国人民の智徳を論ず
     第五章  前論の続
巻之三  第六章  智徳の弁
巻之四  第七章  智徳の行われるべき時代と場所とを論ず
     第八章  西洋文明の由来
巻之五  第九章  日本文明の由来
巻之六  第十章  自国の独立を論ず    

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編者】
戸沢行夫(とざわ ゆきお)
1943年生まれ。1967年慶應義塾大学文学部卒業、1972年同大学大学院社会学研究科博士課程修了。1972年東京歯科大学教養学部専任講師、1975年同大学教養学部助教授。現在、亜細亜大学経済学部教授。
主な著作に『明六社の人びと』(築地書館、1991)、『桂川家の世界――江戸芸苑の気運』(築地書館、1994)、『江戸がのぞいた〈西洋〉』(教育出版、1999)など。

定価1,512円 (本体:1,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
amazon e-hon
セブンネットショッピング ビーケーワン
楽天ブックス 紀伊国屋
jbook ジュンク堂
本屋クラブ ブックサービス
BOOX TSUTAYA
ページトップへ
Copyright (C)2004-2016 Keio University Press Inc. All rights reserved.