Detail
 
貨幣考古学序説

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/328頁
初版年月日:2009/06/30
ISBN:978-4-7664-1620-6
(4-7664-1620-1)
Cコード:C3020
定価 6,264円(本体 5,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
近世・近現代考古学入門 詳細を見る
貨幣考古学序説
目次 著者略歴

▼出土銭貨(発掘調査によって発見された貨幣)を資料として、文献史料と合わせることにより、過去の貨幣流通状態や経済活動の復元を目指す「貨幣考古学」という新しい考古学を提唱。出土銭貨研究の用語や分析法を紹介し、現在どのような問題点があるか、またどのような展望が見えるのかを考察する。
▼海外での調査結果から、中国はもちろん、朝鮮半島、ベトナムでも日本と同じ銭貨が発見されることを指摘し、東アジア共通貨としての新たな側面を紹介する。

本書は、日本図書館協会選定図書です。

目次

刊行によせて   九州大学名誉教授 森本芳樹
はじめに

序論 
 1 和同開珎以前
 2 古代銭貨の時代
 3 中世の銭貨流通
 4 中・近世移行期
 5 近世の貨幣制度

第1部 貨幣考古学総論
第1章 貨幣考古学の確立
 1 貨幣考古学とは
 2 用語の概念規定
 3 出土銭貨のもつ資料的特性

第2章 セリエーション分析による編年
 1 セリエーション分析
 2 六道銭研究とセリエーション論
 
第3章 銭貨の技術史的研究
 1 銭 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

櫻木晋一(さくらき しんいち)
1953年生まれ。慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。現在、下関市立大学経済学部教授。
主な著作・論文に、「中世の銭貨鋳造についての一考察」『古代』第103号(1997)、「中世出土銭貨研究の課題と展望」『考古学ジャーナル』 No. 526(2005)、「出土銭貨による中世貨幣流通の検討」『貨幣の地域史』(岩波書店、2007)など。

定価6,264円 (本体:5,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.