Detail
 
能力主義管理研究会オーラルヒストリー

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/400頁
初版年月日:2010/01/16
ISBN:978-4-7664-1607-7
(4-7664-1607-4)
Cコード:C3036
定価 4,104円(本体 3,800円)

戦後労働史研究
能力主義管理研究会オーラルヒストリー
日本的人事管理の基盤形成
書評 目次 著者略歴

日本型人事管理の形成をめぐる歴史的証言!
▼日本の人事労務管理制度に多大な影響を与えた報告書『能力主義管理――その理論と実践』(日経連能力主義管理研究会編、1969年)刊行に至った過程について研究会メンバーにインタビューを行い、その歴史的証言をまとめたテーマ・オーラルヒストリー研究。

労働者は何によって評価されるべきか?!
▼1966年に発足した日経連・能力主義管理研究会では、第一線の実務家たちが集まり、日本企業のあるべき人事管理について激論を戦わせた。「人事のプロ」たちの情熱、真摯さ、そして日本の将来を見据える視座の確かさに、読者は驚かされるだろう。
▼その第一級の歴史的証言として、研究者・政策担当者のみならず、今日の人事労務・人的資源管理に携わる若い人々にもぜひ読んでもらいたい1冊。

書評

日本労働研究雑誌 2010年8月号「書評」で紹介されました。
日本経団連タイムス 2010年3月25日「新刊紹介」欄(4面)で紹介されました。

目次

はじめに

解題――本書の概要とその意義 

第一章 能力主義管理研究会がめざしたもの――藤田至孝氏(第1回)

第二章 能力主義管理の検討をめぐって――福島安氏

第三章 能力主義管理実施の難しさ―――浅澤誠夫氏

第四章 報告書に盛り込まれたソニーの経験――植松千里氏

第五章 覆面座談会の掲載は想定外――野田雄太郎氏

第六章 人事院から民間企業に転出して―――山田雄一氏(第1回)

第七章 仕事の成果の目に見えるフィードバック――山田雄一氏(第2回)

……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編者】
八代充史(やしろ あつし)
慶應義塾大学商学部教授
1982年慶應義塾大学経済学部卒業、84年慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)、87年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学(93年博士(商学))、同年雇用促進事業団雇用職業総合研究所(現労働政策研究・研修機構)研究員、96年慶應義塾大学商学部助教授、2003年より現職。

梅崎修(うめざき おさむ)
法政大学キャリアデザイン学部准教授
1995年神奈川大学経済学部経済学研究科卒業、97年大阪大学経済学研究科博士前期課程修了(経済学修士)、2000年大阪大学経済学研究科博士後期課程修了(経済学博士)、同年政策研究大学院大学オーラル政策研究プロジェクト研究員、2003年法政大学キャリアデザイン学部専任講師、2007年より現職。

島西智輝(しまにし ともき)
立教大学経済学部経済政策学科助教
2000年慶應義塾大学商学部卒業、2002年慶應義塾大学大学院商学研究科前期博士課程修了(商学修士)、2006年慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学(2008年博士(商学))、同年立教大学経済学部経済政策学科助手、2007年より現職。

南雲智映(なぐも ちあき)
連合総研生活開発研究所研究員・慶應義塾大学産業研究所研究員
2000年立教大学経済学部経済学科卒業、2002年慶應義塾大学大学院商学研究科前期博士課程修了(商学修士)、2005年慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学、2005年慶應義塾大学産業研究所(有期)専任講師、2006年早稲田大学大学院商学研究科助手、2008年より現職。

牛島利明(うしじま としあき)
慶應義塾大学商学部教授
1988年慶應義塾大学商学部卒業、90年慶應義塾大学大学院商学研究科前期博士課程修了(商学修士)、93年慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学、93年慶應義塾大学商学部助手、2007年より現職。

定価4,104円 (本体:3,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.