Detail
 
オランダ医事刑法の展開

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/208頁
初版年月日:2009/07/25
ISBN:978-4-7664-1556-8
(4-7664-1556-6)
Cコード:C3032
定価 4,400円(本体 4,000円)

オランダ医事刑法の展開
安楽死、妊娠中絶、臓器移植
書評 目次 著者略歴

オランダにおける医事刑法分野の最新状況を詳説。
▼安楽死審査法施行後の状況、緩和的鎮静と安楽死をめぐる問題、人工妊娠中絶法、後期妊娠中絶、重度障害胎児および新生児に関する生命終結の決定、臓器提供法等、オランダにおける医事刑法最新の議論・立法・その施行状況、そして判例に関して、ペーター・タック教授が紹介、解説する。
▼医事法の第一人者・甲斐克則教授による編纂・邦訳。甲斐教授による解説も付す。安楽死議論、臓器移植議論においてわが国でも参考とされることの多いオランダの医事刑法分野に関する最新の議論状況を把握できる。
▼オランダにおける、2001年「要請に基づく生命終結および自殺幇助(審査手続)法」、刑法典の「堕胎罪規定」、「人工妊娠中絶法」なども参考資料として、邦訳して掲載している。

書評

年報医事法学 25号(2010年7月刊)「文献紹介」(178頁)で紹介されました。

目次

はしがき

第1章 オランダにおける安楽死論議の展開
T 序
U 緒論
V 立法府かそれとも司法府か
W 安楽死に関する(最高)裁判所の判例法
X レメリンク委員会報告書
Y 届出手続
Z 対応としての新たな政策
[ 2001年・要請に基づく生命終結および自殺幇助(審査手続)法
\ 結 語
〔参考資料・翻訳〕2001年・要請に基づく生命終結および自殺幇助(審査手続)法

第2章 オランダにおける緩和的鎮静と安楽死
T 序:オランダにおける安楽死をめぐる近年の問題状況 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
ペーター・タック(Peter J. P. Tak)
オランダ、ラードバウド・ナイメーヘン大学法学部教授。1944年生まれ。法学博士(ティルブルグ大学)。
1973年から1976年まで検察官を務め、1976年から現職。
オランダ判例法編集委員会委員(1970〜2008)、オランダ法務省科学研究アドバイザリー委員会議長(1980〜1992)、オランダ科学研究組織社会科学研究評議会委員(1984〜1996)、刑事司法管理統計アドバイザリー委員会議長(1995〜2005)等を歴任。2005年から現在に至るまで、国際刑政財団(the International Penal and Penitentiary Foundation= IPPF) 事務局長。
主要著書に、The Legal Scope of Non-Prosecution in Europe, Government Printing Center, Finland, 1986; Criminal Justice Systems in Europe: The Netherlands, Kluwer Law and Textation Publishers, 1993; Essays on Dutch Criminal Policy, Wolf Legal Publishers, 2002; The Dutch Criminal Justice System: Organization And Operation (Onderzoek en beleid / Reserach in Policy), 2ed. rev., Boom Juridische Uitgevers, 2004; Tasks and Powers of the Prosecution Services in the EU member States, Vol. I.II(Ed.), Wolf Legal Publishers, 2004, 2005; The Dutch Criminal Justice System, 3rd ed., Wolf Legal Publishers, 2008
他。

【編訳者】
甲斐克則(かい かつのり)
早稲田大学大学院法務研究科教授。1954年生まれ。九州大学大学院法学研究科博士課程単位取得。法学博士。日本刑法学会理事。日本医事法学会理事。日本生命倫理学会理事。
主要著書に、アルトゥール・カウフマン『責任原理――刑法的・法哲学的研究』(九州大学出版会、2000年、翻訳)、『海上交通犯罪の研究[海事刑法研究第1巻]』(成文堂、2001年)、『安楽死と刑法[医事刑法研究第1巻]』(成文堂、2003年)、『尊厳死と刑法[医事刑法研究第2巻]』(成文堂、2004年)、『被験者保護と刑法[医事刑法研究第3巻]』(成文堂、2005年)、『責任原理と過失犯論』(成文堂、2005年)、『医事刑法への旅T[新版]』(イウス出版、2006年)、『遺伝情報と法政策』(成文堂、2007年、編著)、『ブリッジブック医事法』(信山社、2008年、編著)、『企業活動と刑事規制』(日本評論社、2008年、編著)、『企業活動と刑事規制の国際動向』(信山社、2008年、共編著)他多数。

定価4,400円 (本体:4,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.