Detail
 
東アジアの電子ネットワーク戦略
A5判/上製/256頁
初版年月日:2008/03/31
ISBN:978-4-7664-1482-0
(4-7664-1482-9)
Cコード:C3336
定価 3,888円(本体 3,600円)

本書と関連する書籍をご紹介します
アジア系専門職移民の現在 詳細を見る
東アジアの電子ネットワーク戦略
書評 目次 著者略歴

東アジア各国の情報化と社会的影響をさぐる。
▼情報グローバル化が進む現在、インターネット、モバイル・メディア、マスメディアの及ぼす影響とメディアの相互作用は、東アジアの各国にどのような社会的変化をもたらしているのか?
▼日本、中国、韓国、マレーシアの情報化政策・ユーザーへの文化的影響の変化を考察し、これからの動向予想を試みた一冊。

書評

日本経済新聞 2008年7月13日「読書」欄(21面)で紹介されました。

目次

はじめに    (関根政美)

第1章 情報グローバリゼーション時代における東アジア文化
    ―インターネット・サブカルチャー・反日行動  (遠藤 薫)

第2章 インターネットが切り開く新たな時代T
    ―韓国からの視点                (浜村寿紀)

第3章 インターネットが切り開く新たな時代U
    ―日本国内からの視点       (瀧口樹良・浜村寿紀)

第4章 中国の情報化の進展と社会変化           (瀧口樹良)

第5章  ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編者】
関根政美(せきね まさみ)
慶應義塾大学法学部教授。
専門分野:国際社会学、現代オーストラリア論。

【著者】
遠藤薫(えんどう かおる)
学習院大学法学部教授。
専門分野:理論社会学、社会情報学。

浜村寿紀(はまむら ひさのり)
社団法人共同通信社社長室委員、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所非常勤講師。
専門分野:情報通信技術。

瀧口樹良(たきぐち きよし)
札幌総合情報センター株式会社主任研究員。
専門分野:情報政策、行政経営。

劉雪雁(リュウ シュエイエン)
財団法人マルチメディア振興センター国際通信経済研究所客員研究員。
専門分野:メディア論

石井由香(いしい ゆか)
立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部准教授。
専門分野:国際社会学、地域研究(マレーシア、オーストラリア、日本)。

定価3,888円 (本体:3,600円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.