Detail
 
評論集1

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/464頁
初版年月日:2007/09/10
ISBN:978-4-7664-1374-8
(4-7664-1374-1)
Cコード:C0392
定価 5,720円(本体 5,200円)

評論集1
超現実主義詩論/シュルレアリスム文学論/輪のある世界/純粋な鶯
書評 目次 著者略歴

西脇順三郎(1894〜1982)没後25年(2007年6月)記念出版。
✺第4回配本(2007年8月発売)
革新的な詩人とは、つねに詩論家でなければならない――。
清新な内容と文体が魅力のボードレールを中心とした19世紀文学評論『超現実主義詩論』、フランスのシュルレアリスム運動を取り上げ、単なる紹介にとどまらず、西脇独自の理論を展開をみせた『シュルレアリスム文学論』、博学多才な知識と詩的な文体で綴られたエッセイ集『輪のある世界』、北園克衛への「手紙」を含んだ詩論集『純粋な鶯』の4編を収録。
多くの文学青年たちを虜とした、モダニストのエスプリが凝縮された第IV巻。
本書は、日本図書館協会選定図書です。

書評

日本経済新聞 2009年6月7日朝刊読書欄「半歩遅れの読書術」(22面)で紹介されました。

目次

超現実主義詩論
シュルレアリスム文学論
輪のある世界
純粋な鶯

[解説]林少陽
[回想の西脇順三郎]オックスフォードにて―阿部良雄

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

西脇順三郎(にしわき じゅんざぶろう)
1894 (明治27)年、新潟県小千谷市生まれ。慶應義塾大学理財科卒。1920(大正9)年に慶應義塾大学の予科英語教員。1922(大正11)年にイギリス留学。同地で英文詩集『スペクトラム』(ケイム・プレス社、大正14年)刊。帰国後、慶應義塾大学文学部の教壇に立ち、めざましい執筆活動を開始。詩人・詩論家として日本のモダニズム運動の指導者と目される。
1957(昭和32)年読売文学賞。エズラ・パウンドに発見され、ノーベル文学賞の候補者となる。1971(昭和46)年に文化功労者。1973(昭和 48)年にアメリカン・アカデミー・オブ・アーツ・アンド・サイアンシズの外国名誉会員。1982(昭和57)年没。享年88歳。

【編者】
新倉俊一(にいくら としかず)
1930年生まれ。慶應義塾大学卒。フルブライト留学生としてミネソタ大学大学院に留学。明治学院大学名誉教授。西脇順三郎の全集や定本全詩集のテキストの校訂をはじめ、英詩集の翻訳に携わる。著訳書:『西脇順三郎全詩引喩集成』(筑摩書房)、『西脇順三郎 変容の伝統』(東峰書房)、『エズラ・パウンド詩集』(角川書店)、『エズラ・パウンド詩集』(小沢書店)、『アメリカ詩の世界』(大修館書店)、『エミリー・ディキンスン――不在の肖像』(大修館書店)、『詩人たちの世紀――西脇順三郎とエズラ・パウンド』(みすず書房、ロゲンドルフ賞)、『ピサ詩篇』(みすず書房)、『評伝 西脇順三郎』(慶應義塾大学出版会、和辻哲郎文化賞、山本健吉文学賞)ほか。

定価5,720円 (本体:5,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.