Detail
 
刑事訴訟法講義

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/432頁
初版年月日:2007/06/05
ISBN:978-4-7664-1367-0
(4-7664-1367-9)
Cコード:C3032
定価 3,740円(本体 3,400円)

本書と関連する書籍をご紹介します
変革の時代における理論刑法学 詳細を見る
刑事法講義ノート 詳細を見る
刑事訴訟法講義
目次 著者略歴

変革著しい刑事司法制度。最新刑訴法を理解する最適書!

即決裁判制度、被疑者の国選弁護人等、最新の刑訴法改正はもちろん、平成19年刑訴
法改正を補綴し,刑事訴訟法の基本を解説した第2刷。判例を多数収録、平成18年末
までの最新重要判例まで網羅。
▶平成21年現在までの最新判例までを登載した第2版を刊行しました。

目次

序章 刑事訴訟法の意義と目的
第1章 刑事手続の関与者
第2章 捜査
第3章 捜査の端緒
第4章 逮捕・勾留
第5章 捜査・押収
第6章 被疑者・被告人及び参考人の取調べ
第7章 被疑者の防御活動
第8章 公訴の提起
第9章 訴因と公訴事実
第10章 第一審公判手続
第11章 証拠一般
第12章 違法収集証拠の証拠排除
第13章 自白の証拠能力と証明力
第14章 伝聞法則
第15章 共同被告人の供述
第16章 裁判
第17章 上訴
第18章 非常救済手続
第 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

安冨潔(やすとみ きよし)
慶應義塾大学大学院法務研究科・法学部教授
1950年生まれ。1974年慶應義塾大学法学部卒業、1976年同大学大学院法学研究科修士課程修了、1979年同博士課程単位取得退学、1990年博士(法学)(慶應義塾大学)、1993年弁護士登録。
主要著書:『刑事訴訟法』(Sシリーズ)〔第4版〕(共著、有斐閣、2006年)、『やさしい刑事訴訟法』〔第5版〕(法学書院、2005年)、『擬律判断ハンドブック刑法編』(東京法令出版、2005年)、『犯罪はどのようにして裁かれるか―市民から見る刑事手続』(共著、青林書院、2003年)、『演習講義刑事訴訟法』〔第2版〕(法学書院、2001年)、『ハイテク犯罪と刑事手続』(慶應義塾大学法学研究会叢書、2000年)、『演習講座捜査手続法』(立花書房、1994年)他

定価3,740円 (本体:3,400円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.