Detail
 
回想五十年 慶應義塾と私

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/240頁
初版年月日:2007/04/10
ISBN:978-4-7664-1346-5
(4-7664-1346-6)
Cコード:C0095
定価 3,300円(本体 3,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
昭和の一哲学者 詳細を見る
回想五十年 慶應義塾と私
目次 著者略歴

わが人生に感あり。
学徒動員による戦争体験から復学後のマス・コミュニケーション研究者としての歩み、そして、大学経営に関わるなかで直面した大学紛争の激動――。
いま静かに振りかえる「私の慶應義塾史」。
本書は、日本図書館協会選定図書です。

目次

まえがき

1 予科入学の頃
  入学と礼法講習  「塾長訓示」  せめてもの青春  軍事教練あれこれ  

2 学徒動員
   出征前夜  故郷での大騒ぎ  「最後の慶早戦」
   「死ぬな」といった人たち  

3 軍隊という世界
  初年兵の頃  延吉の関東軍予備士官学校  初めての戦闘
  内地転属と終戦  

4 復学後の塾生生活
  焼け野が原の三田山上  軍服姿の塾生たち  本科の先生がた
  創立九十周年記念式典  

5 繰り上げ卒業
  九 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

生田正輝(いくた まさき)
慶應義塾大学名誉教授、放送倫理・番組向上機構評議員会議長。法学博士。1923(大正12)年、兵庫県生まれ。1947(昭和22)年、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業。1957年、慶應義塾大学法学部教授(マス・コミュニケーション論、情報社会論)。慶應義塾常任理事、同塾長代理、法学部長、新聞研究所(現、メディア・コム)所長、常磐大学人間科学部長、日本新聞学会会長、情報通信学会会長、郵政省電波監理審議会会長、(財)日本ユニフォームセンター会長等を歴任。
著書に『マス・コミュニケーションの諸問題』『マス・コミュニケーションの研究』『コミュニケーション論』『新聞報道のあり方』(いずれも慶應通信)、『新聞を斬る』(サンケイ出版)、『放送研究入門』(共著・日本放送出版協会)等多数。

定価3,300円 (本体:3,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.