Detail
 
日本の家計行動のダイナミズム[U]

大きな画像を見る

画像をダウンロード
菊判/並製/328頁
初版年月日:2006/09/20
ISBN:978-4-7664-1293-2
(4-7664-1293-1)
Cコード:C3333
定価 3,520円(本体 3,200円)

日本の家計行動のダイナミズム[U]
税制改革と家計の対応
目次 著者略歴 立読み

▼慶應義塾大学経商連携21世紀COE「市場の質に関する理論形成とパネル実証分析」パネルデータ班による家計パネル調査研究の第2年度の成果。日本では極めて例の少ない大規模な家計パネル調査に基づき、様々な政策・制度変更が私たちの行動に与える影響を分析、政策提言を行う。
▼今回は、2004−05年調査を用いて、定期借地借家法、譲渡損失繰越控除制度、贈与税、配偶者特別控除、その他所得減税、たばこ税、家電リサイクル法など、近年進められている税制改革が消費・就労行動に与える影響を分析して政策効果の検証を行う。
▼同時に、標本磨耗の分析や種々のバイアスの検出・修正を行い、パネル調査の理論と方法に関する最先端の研究成果ともなっている。社会調査の専門家にとっても必読書である。
税制改革は、私たちの「くらし」をどう変えるのか
譲渡損失繰越制度の導入、生前贈与の控除額拡大、育児休業制度・保育施設の拡充、配偶者特別控除の一部廃止、所得税定率減税の見直し、たばこ税の引上げ、家電リサイクル法などを取り上げ、税制・法律変更に伴う人々の消費・就労行動の変化を明らかにする。

目次

はしがき
序章 本書の目的と概要
第1節 本書の目的
第2節 本書の概要

第T部 KHPSの継続・脱落サンプル
第1章 パネルデータ継続と回答行動の分析  宮内 環/C.R.McKenzie/木村正一
 第1節 はじめに
 第2節 継続者・脱落者の属性分布の比較
 第3節 「フリーター・ニート」変数の導入
 第4節 パネル調査継続・脱落の分析
 第5節 調査項目への回答行動の分析
 第6節 おわりに
 補論A 「直近一年間の引 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

樋口美雄(ひぐち よしお) 慶應義塾大学商学部教授
宮内 環(みやうち たまき) 慶應義塾大学経済学部助教授
木村正一(きむら まさかず) 総務省統計局労働力人口統計室
瀬古美喜(せこ みき) 慶應義塾大学経済学部教授
隅田和人(すみた かずと) 金沢星陵大学経済学部講師
森泉陽子(もりいずみ ようこ) 神奈川大学経済学部教授
直井道生(なおい みちお) 慶應義塾大学経済学部特別研究講師
坂田 圭(さかた けい) 立命館大学経済学部助教授
C.R.McKenzie(マッケンジー、コリン) 慶應義塾大学経済学部教授
柳田征児(やなぎだ せいじ) 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程
三好向洋(みよし こうよう) 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程、経商連携21世紀COEプログラム研究員
四方理人(しかた まさと) 慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程、経商連携21世紀COEプログラム研究員
馬欣欣(ま きんきん) 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程、経商連携21世紀COEプログラム研究員
戸田淳仁(とだ あきひと) 慶應義塾大学経済学部研究助手
石井加代子(いしい かよこ) 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程、日本学術振興会特別研究員
河井啓希(かわい ひろき) 慶應義塾大学経済学部助教授
竹中直子(たけなか なおこ) 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程
新保一成(しんぽ かずしげ)  慶應義塾大学商学部教授

立読み本書の一部をご覧いただけます


樋口美雄 「序章 本書の目的と概要」より


第1節 本書の目的
 
 わが国の税制をめぐって、 ……


定価3,520円 (本体:3,200円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.