Detail
 
ニクソン訪中と冷戦構造の変容

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/284頁
初版年月日:2006/06/30
ISBN:978-4-7664-1282-6
(4-7664-1282-6)
Cコード:C3031
定価 4,180円(本体 3,800円)

ニクソン訪中と冷戦構造の変容
米中接近の衝撃と周辺諸国
増田 弘 編著
目次 著者略歴

▼東西冷戦システムを崩壊に導いた、1972年のニクソン訪中。「寝耳に水」といわれた日本の対応の裏には何があったのか。
▼当事国の米中に加え、日・ソ・韓・ベトナム・インドネシアそして台湾といった関係諸国への影響について、各国の専門家が明らかにする。
▼30年を経て公開された当時の米国政府機密資料、新発掘の各国一次資料をもとに、明快に冷戦史を解きあかす。
 アメリカと中国が互いに接近する姿勢を見せつつあり、日本外交が問われるいま、真の外交政策とは何かを問う一冊。

目次

まえがき     増田  弘
序 章 問題の所在と構成     増田  弘

第一部 当事国の背景と歴史的意義
第1章 米中接近再考――「頭越し外交」の構造的分析     伊藤  剛
    はじめに
    T 米中和解交渉と日中関係
    U 「ニクソン・ショック」下の日米関係
    V 日中国交正常化過程における米国
    おわりに――中ソ対立と日中関係

第2章 中国の対米接近要因――国内的文脈と対外的文脈     望月 敏弘
    はじめに
    T ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

増田 弘
東洋英和女学院大学国際社会学部教授。専門分野:日本外交史、日本政治外交論。
主要業績:(監訳)『周恩来 キッシンジャー機密会談録』岩波書店、2004年、(単著)『自衛隊の誕生』(中公新書)中央公論新社、2004年、『政治家追放』(中公叢書)、中央公論新社、2001年、『公職追放論』岩波書店、1998年、(編著)『アジアのなかの日本と中国』山川出版社、1995年。

伊藤 剛
明治大学政治経済学部教授。専門分野:国際政治学、日米中関係。
主要業績:(単著)『同盟の認識と現実―デタント期の日米中トライアングル』有信堂、2002年。Alliance in Anxiety: D?tente and the Sino-American-Japanese Triangle, Routledge, 2003. (編著)『比較外交政策―イラク戦争への対応外交』明石書店、2004年。(訳書)アルフレード・ヴァラダン『自由の帝国―アメリカン・システムの世紀』NTT出版、2000年。

望月敏弘
東洋英和女学院大学国際社会学部教授。専門分野:現代中国政治史・日中関係論。
主要業績:(共著)『20世紀の中国―政治変動と国際契機』、東京大学出版会、1994年、『歴史の中の中国政治―近代と現代』、勁草書房、1999年、『冷戦後アジア環太平洋の国際関係』、三嶺書房、1999年、『多文化と自文化』、森話社、2005年。

松田康博
防衛庁防衛研究所主任研究官。専門分野:東アジア論、中国および台湾の政治外交史、中台関係論。
主要業績:「台湾の政軍関係―政戦系統の役割を中心に(一九五〇〜八三年)」『アジア経済』(アジア経済研究所)43巻2号(2002年2月)。「台湾の大陸政策(1950-58年)―『大陸反攻』の態勢と作戦」『日本台湾学会報』(日本台湾学会)4号(2002年7月)、「中台関係と国際安全保障―抑止・拡散防止・多国間安全保障協力」『国際政治』(日本国際政治学会)135号(2004年3月)、「中国の軍事外交試論―対外戦略における意図の解明」『防衛研究所紀要』第8巻第1号(2005年10月)。

藩 亮
筑波大学人文社会科学研究科専任講師。専門分野:日本政治外交史、国際関係論、国際関係史。
主要業績:(単著)The United Nations in Japan's Foreign and Security Policymaking, 1945-1992: National Security, Party Politics, and International Status, Harvard University Asia Center, 2006、(共著)『池田・佐藤政権期の日本外交』ミネルヴァ書房、2004年、「占領下の日本の対外文化政策と国際文化組織―ユネスコ運動を中心に」『国際政治』127号(2001年5月)ほか。

倉田秀也
杏林大学総合政策学部教授。専門分野:国際政治学、安全保障論、韓国政治外交史。
主要業績:(共編著)『朝鮮半島と国際政治―冷戦の展開と変容』、慶應義塾大学出版会、2005年、『戦後日韓関係の展開』慶應義塾大学出版会、2005年、『現代国際関係論』東洋経済新報社、2005年、『アジア太平洋の安全保障とアメリカ』彩流社、2005年。

栗原浩英
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授。専門分野:ベトナム現代史。
主要業績:「ホー・チ・ミンとスターリン」『アジア・アフリカ言語文化研究』65号(2003年3月)、(共著)『東南アジアの歴史』有斐閣、2003年、(単著)『コミンテルン・システムとインドシナ共産党』東京大学出版会,2005年、(共著)Chinh sach doi ngoai rong mo cua Viet Nam va quan he Viet Nam-Trung Quoc, Ha Noi,Nxb Khoa hoc xa hoi,2003.

宮城大蔵
政策研究大学院大学助教授。専門分野:日本外交史、国際政治史。
主要業績:(単著)『戦後アジア秩序の模索と日本』創文社、2004年(サントリー学芸賞受賞)、『バンドン会議と日本のアジア復帰』草思社、2001年、(共訳)『周恩来 キッシンジャー機密会談録』岩波書店、2004年。

斎藤元秀
杏林大学総合政策学部教授。専門分野:ロシア外交、国際関係論。
主要業績:(単著)『ロシアの外交政策』勁草書房、2004年、(編著)『東アジア国際関係のダイナミズム』東洋経済新報社、1999年、(共編著)『テロの時代と新世界秩序』時事通信社、2002年、“Northern Territories”and Beyond,Praeger, 1995.

定価4,180円 (本体:3,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.