Detail
 
保険進化と保険事業

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/376頁
初版年月日:2006/05/25
ISBN:978-4-7664-1230-7
(4-7664-1230-3)
Cコード:C3333
定価 3,240円(本体 3,000円)

保険進化と保険事業
目次 著者略歴

慶應義塾保険学会叢書の第1巻。同学会は近代保険制度の紹介者・福沢諭吉ゆかりの慶應義塾を拠点に研究者・実務家が集い、理論と実践の研究を行っている。本書は、慶應義塾保険学会を母体とする「保険進化研究会」の成果発信で、研究者、(明治安田、第一、東京海上など)生損保実務担当者、(IBM、日立など)IT分野における保険システム構築の担当者らが集い、消費者(需要サイド)、保険企業経営(供給サイド)、および社会のリスク管理の今日的問題に取り組む。
 制度派経済学、進化経済学などの知見を吸収し、「進化」をキーワードに日本社会の変容とその中における保険事業の役割、そして今後の課題を明らかにする野心的研究。
 人口減少、保険自由化、規制緩和、経済・金融のグローバル化など著しい社会変化に適応し、社会に役立つ存在であり続けるためには、保険業はどのような進化を遂げなければならないのか。コーポレート・ガバナンス、マーケティング、FP教育、IT戦略、遺伝子検査の利用など、多彩な論点について具体的な対応策を提示する。

目次

第1部 現代社会と保険進化
 第1章 社会経済の発展・変容と保険進化  堀田一吉
      1 進化経済学と保険進化
      2 資本主義経済の発展と保険制度
      3 「保険進化」の多義性と諸要因
      4 現代保険を取り巻く環境変化と保険進化に向けての課題

 第2章 保険進化と保険統合商品  大橋敏男
      1 はじめに
      2 保険商品の現在までの進化
      3 現在の保険の表現――保険統合商品
      4 環境の変化と保険 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編著者】
堀田一吉(ほった かずよし)
慶應義塾大学商学部教授。
1960年生まれ。1989年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。

岡村国和(おかむら くにかず)
獨協大学経済学部教授。1952年生まれ。1983年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。

石田成則(いしだ しげのり)
山口大学経済学部教授。1963年生まれ。慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。

【著者】
大橋敏男(おおはし としお)
日本アイ・ビー・エム株式会社金融ソリューションセンターICP−エグゼクティブ・ITアーキテクト。

竹内保彦(たけうち やすひこ)
明治安田生命保険相互会社年金コンサルタント。

宮地朋果(みやち ともか)
慶應義塾大学商学部非常勤講師。

鹿島純一(かしま じゅんいち)
第一生命保険相互会社法人営業第1部副部長

可児俊信(かに としのぶ)
千葉商科大学会計大学院教授、株式会社ベネフィット・ワンコンサルティング室長。

山越実(やまこし みのる)
株式会社日立製作所ビジネスソリュージョン事業部主管技師。

田口茂(たぐち しげる)
東京海上日動火災保険株式会社経理部課長。

後藤和廣(ごとう かずひろ)
株式会社MSK基礎研究所主任研究員、早稲田大学ビジネススクール客員教授。

五味正夫(ごみ まさお)
社団法人日本損害保険協会総務人事部人事グループグループリーダー

定価3,240円 (本体:3,000円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.