Detail
 
軍事組織とジェンダー
A5判/上製/480頁
初版年月日:2004/12/20
ISBN:978-4-7664-1125-6
(4-7664-1125-0)
Cコード:C3036
定価 4,320円(本体 4,000円)

軍事組織とジェンダー
自衛隊の女性たち
書評 目次 著者略歴

日本の軍事組織・自衛隊及び防衛大学校をめぐるジェンダー・イデオロギー研究。
米軍における膨大な先行研究を取り込み、自衛隊のジェンダー政策と自衛官募集ポスターの表象の変遷を追い、自衛隊及び防衛大学校のフィールド・ワークを行うことで、自衛隊が、男性を範型とし、性別関与的に組織を構造化してきたプロセスを解明する。

書評

国立女性教育会館研究ジャーナル 2006年8月号「書評(134頁)」で紹介されました。
北海道新聞 2005年12月4日朝刊に「著者インタビュー」が掲載されました。
週刊現代 2005年6月11日号「リレー読書日記(142頁)」で紹介されました。
図書新聞 2005年4月30日第2724号で紹介されました。
日刊ゲンダイ 2005年4月20日「NEWSがわかるこの1冊(17面)」で紹介されました。
JWings 2005年4月号「BOOKS(111頁)」で紹介されました。
ふぇみん 2005年4月5日号No.2754「BOOK」で紹介されました。
出版ニュース 2005年3月上号(34頁)で紹介されました。
日本経済新聞 2005年2月27日「読書(24面)」欄で紹介されました。
朝日新聞 2005年2月15日夕刊に「著者インタビュー」が掲載されました。
東京新聞 2005年2月6日朝刊で紹介されました。
北海道新聞 2005年2月2日夕刊「今日の話題」で紹介されました。
東京新聞 2004年12月26日朝刊で紹介されました。

目次

序章 自衛隊の女性という対象領域の不在
軍事組織の「男女共同参画」という国際潮流
本書の目指すところ
対象と方法


第一章 軍事組織とジェンダー
1 分析概念としてのジェンダー
2 軍事組織とジェンダーの分析枠組み

ジェンダー・イデオロギー
差異と平等をめぐるディレンマ
ジェンダー・イデオロギーの三元図式
3 軍事組織をめぐるジェンダー・イデオロギーの八類型

タイプ1「ミリ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

中部大学人文学部専任講師
慶應義塾大学環境情報学部卒業(1995年)後、同大学院政策・メディア研究科修士課程(1997年)・博士課程修了(2000年)、博士号(学術)取得(2002年)。日本学術振興会特別研究員を経て、2003年より現職。専門はジェンダー研究。主な著書・論文に『総合政策学の最先端IV 新世代研究者による挑戦』(共著、慶應義塾大学出版会、2003年)、「再考 自衛隊と/の女性」(『国際ジェンダー学会誌』Vol.1、2003年)など。2002年に第6回女性学研究国際奨励賞受賞。

定価4,320円 (本体:4,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.