Detail
 
西洋精神史における言語観の変遷
A5判/並製/320頁
初版年月日:2004/03/31
ISBN:978-4-7664-1066-2
(4-7664-1066-1)
Cコード:C3080
定価 3,240円(本体 3,000円)

西洋精神史における言語観の変遷
松田 隆美 編著
目次 著者略歴

哲学、言語学、西洋古典学、イスラーム哲学等の専門家による学際的研究の成果。『西洋精神史における言語観の諸相』に続く第二論集です。
様々な視点を相互利用して、西洋の言語観の変遷を比較思想史的文脈で捉え直しています。

目次


はじめに                   松田隆美

記述について                 飯田隆

意味、真理条件、認知             西山佑二

人に具わる知識の種子
 プラトンの問題に対するチョムスキーの試み  北原久嗣

ホメ−ロスの言葉と詩人たちの解釈 II
 三つのハパクス・レゴメナ          高橋通男

「若きの花」の変容
 Pindaros Pyth. ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

松田隆美
1958年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、中世英文学、思想史。

飯田隆
1948年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、哲学。

西山佑司
1943年生まれ。現在、慶應義塾大学言語文化研究所教授。
専攻は、意味論・語用論・言語哲学。

北原久嗣
1965年生まれ。現在、慶應義塾大学言語文化研究所助教授。専攻は、理論言語学。

高橋通男
1940年生まれ。現在、慶應義塾大学言語文化研究所教授。
専攻は、西洋古典学。

西村太良
1949年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、西洋古典学。

堀江聡
1958年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、古代ギリシア、イスラ−ム、西欧中世の新プラトン主義哲学。

中川純男
1948年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、西洋古代・中世哲学

岩波敦子
1962年生まれ。現在、慶應義塾大学理工学部助教授。
専攻は、ヨーロッパ中世史。

齋藤慶典
1957年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、現象学、西洋近・現代哲学。

勝又直也
1970年生まれ。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科助教授。専攻は、中世ヘブライ文学。

野元晋
1961年生まれ。現在、慶應義塾大学言語文化研究所助教授。専攻は、イスラーム思想史。

定価3,240円 (本体:3,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.