Detail
 
地方分権と高齢者福祉
A5判/上製/304頁
初版年月日:2004/08/10
ISBN:978-4-7664-1016-7
(4-7664-1016-5)
Cコード:C3331
定価 3,520円(本体 3,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
地方自治体をめぐる市民意識の動態 詳細を見る
地方分権と高齢者福祉
地方自治の展開過程
目次 著者略歴

これからの高齢者福祉は、地方自治体に何を求め、私たちの社会をどのように変えようとしているのか?介護保険制度の導入過程をつぶさに観察し、地域の取り組みから日本の将来像を描き出す。

目次


はじめに――G-SECと地域マネージメント――

第1章 介護保険の導入と地方自治体の役割の変化
第2章 高齢者福祉政策に対する認識と介護保険の導入
第3章 介護保険に対する自治体の認識
第4章 介護保険導入直前の自治体の対応
第5章 小規模自治体における介護保険運営
第6章 広域対応による介護保険運営
第7章 大都市における介護保険運営
第8章 介護保険情報に関する環境整備
第9章 介護保険制度下の自治体の独自政策(1)

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

著者略歴
小林良彰(こばやし よしあき)
1954年東京都生まれ。1982年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学法学部教授、法学博士。
主要業績に、『現代日本の政治過程』(東京大学出版会、1997年)、『日本人の投票行動と政治意識』(編著、木鐸社、1997年)、『地方自治の実証分析』(編著、慶應義塾大学出版会、1998年)、『選挙・投票行動』[社会科学の理論とモデル、第1巻](小林良彰編集「社会科学の理論とモデル」全11巻、東京大学出版会、2000年)、『地方自治の国際比較』(編著、慶應義塾大学出版会、2001年)ほか。

名取良太(なとり りょうた)
1974年東京都生まれ。2000年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。現在、関西大学総合情報学部助教授。
主要業績に、『地方自治の実証分析』(共著、慶應義塾大学出版会、1998年)、『地方自治の国際比較』(共著、慶應義塾大学出版会、2001年)、「補助金改革と地方の政治過程」『レヴァイアサン』33号(木鐸社、2003年)、「選挙制度改革と利益誘導政治」『選挙研究』17号(木鐸社、2002年)ほか。

定価3,520円 (本体:3,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.