Detail
 
十九世紀フランス・バレエの台本
A5判/上製/412頁
初版年月日:2000/12/15
ISBN:978-4-7664-0827-0
(4-7664-0827-6)
Cコード:C1073
定価 4,400円(本体 4,000円)

十九世紀フランス・バレエの台本
パリ・オペラ座
目次 著者略歴

オペラとバレエの殿堂「パリ・オペラ座」で、ロマン主義運動の一環として創作されたバレエ・ロマンティックを中心に、代表的な台本20編を世界で初めて翻訳。バレエ愛好家と仏文化研究者の必読書。

目次

目 次
序 章  オペラ座におけるバレエ・ロマンティックの盛衰
第一章  『ラ・シルフィード』
第二章  『跛の悪魔』
第三章 『ダニューブ河の娘』
第四章 『タランチュラ』
第五章 『ジゼル、またはウィリたち』
第六章 『ラ・ペリ』
第七章 『パキータ』
第八章 『妖精たちの代子』
第九章 『ジェンマ』
第十章 『海賊』
第十一章 『エルフたち』
第十二章 『蝶々』
第十三章 『泉』
第十四章 『コッペリ ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

平林正司(ひらばやし まさじ)
現在、慶應義塾大学法学部教授
専攻、十九世紀バレエ史、近代ヨーロッパ芸術史
著書、『「胡桃割り人形」論』(三嶺書房、1998年)

定価4,400円 (本体:4,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.