Detail
 
人生の半ば
A5変型判/上製/514頁
初版年月日:1999/11/25
ISBN:978-4-7664-0778-5
(4-7664-0778-4)
Cコード:C0073
定価 4,400円(本体 4,000円)

人生の半ば
音楽の開かれた地平へ
目次 著者略歴

音楽は自らのコスモロジーの反映である。
真の前衛的態度で、常に自身を音楽の地平に賭け続ける、湯浅譲二の豊穣なるコスモロジー。

国際的に活躍する作曲家、湯浅譲二待望のエッセイ集。一貫した前衛的態度で、音楽の地平を切り開いてきた、その半世紀近い創作活動の背景にある思想、人生観を一冊に凝縮。読者を豊かな音楽世界へと誘う。

目次

はしがき

T 二十一世紀への眼差
二十一世紀を前に「真の前衛」を考え直す
コスモロジー―音楽にいま問われるもの

U 原風景
広大さ、みちのくの一つのプロフィール
前衛音楽故郷へかえる
作曲家のコスモロジー(対談 武田明倫、湯浅譲二)
ことばのパフォーマンス―水

V 実験工房
実験工房と瀧口修造
実験工房とメシアン―五〇年代からいまへ
実験工房のこと、そして若い作曲家への提言
 ―新しい音楽の世界を切り拓いたエネルギー ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

1929年、福島県郡山市生まれ。高校時代から独学で作曲をはじめ、慶應義塾大学医学部進学コース在学中より音楽活動に興味を覚え、1952年、武満徹、鈴木博義、園田高弘らの芸術家グループ「実験工房」に参加、ピアノ曲「二つのパストラール」でデビュー。以来、オーケストラ、室内楽、合唱、劇場用音楽、インター・メディア、電子音楽、コンピュータ音楽など、幅広い作曲分野で活躍、国内外より多数の委嘱を受けている。
かたわら、1981年〜94年、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)教授をはじめ、音楽教育・研究の場で後進の指導にも当たってきた。現在、UCSD名誉教授、日本大学芸術学部客員教授、東京音楽大学客員教授。
ベルリン音楽祭審査員特別賞、イタリア賞・大賞、サン・マルコ金獅子賞、尾高賞、芸術祭大賞、飛騨古川音楽大賞、京都音楽賞・大賞、サントリー音楽賞、芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章、日本芸術院賞・恩寵賞ほか、受賞多数。

定価4,400円 (本体:4,000円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.