Detail
 
フィールド・リサーチ
A5判/並製/248頁
初版年月日:1999/06/15
ISBN:978-4-7664-0748-8
(4-7664-0748-2)
Cコード:C3036
定価 2,808円(本体 2,600円)

本書と関連する書籍をご紹介します
はじめて学ぶ社会調査 詳細を見る
社会調査入門 詳細を見る
フィールド・リサーチ
現地調査の方法と調査者の戦略
目次 著者略歴

本書は実際に現地調査を行っている人から初めて行う人までを対象とし、さまざまな戦略やノウハウを具体的に解説した。更に調査の記録、分析方法や結果を他者に伝達する手段を示した実践書。

目次

序文
本書を読み、活用するうえでの示唆
本書のいくつかの限界

第1章 フィールド・リサーチの論理と社会心理学
方法論上の論点としての「フィールド」の概念
キャリア上の選択としての問題設定と方法
哲学的な論点とプラグマティックな解決
調査過程の制御
調査研究の対象に関連して
この章の結びとしての覚書
推奨する文献

第2章 調査に入るための戦略
下見とアプローチ
関係の中に入る
自分と研究を提示する
インフォーマルな運動を対象として調 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

川合 隆男(かわい たかお)
慶應義塾大学法学部教授 専攻:近代日本社会学史、社会成層論

竹村 英樹(たけむら ひでき)
慶應義塾大学教職課程センター専任講師 専攻:教育社会学、社会調査論

吉村 治正(よしむら はるまさ)
青森大学社会学部専任講師 専攻:職業社会学、社会学方法論

倉沢 亜己(くらさわ あき)
慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程在学 専攻:コミュニケーション論、メディア論、社会調査論

三浦 直子(みうら なおこ)
慶應義塾大学大学院社会学研究科単位取得退学、神奈川工科大学工学部一般科専任講師 専攻:家族社会学、理論社会学、社会調査論

小倉 康嗣(おぐら やすつぐ)
慶應義塾大学大学院社会学研究科単位取得退学、早稲田大学・聖心女子大学・東京情報大学非常勤講師 専攻:生活文化論、福祉社会論、社会調査論

松尾 浩一郎(まつお こういちろう)
慶應義塾大学文学部非常勤講師 専攻:都市社会学、メディア論、社会調査論

定価2,808円 (本体:2,600円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.