Detail
 
福翁自伝
四六判/並製/392頁
初版年月日:2001/01/10
ISBN:978-4-7664-0838-6
(4-7664-0838-1)
Cコード:C1023
定価 1,620円(本体 1,500円)

福翁自伝
目次 著者略歴

激動の近代日本を導いた福澤諭吉の痛快な人生を描いた、自伝文学の最高傑作。読みやすく、また充実した注が付された本書を、新世紀とともに福澤諭吉没後百年を迎えたいま、新装版として刊行。〈新装版〉
日本図書館協会選定図書 日本エッセイストクラブ推薦
福澤諭吉著作集全12巻
慶應義塾の教育を知る

目次

口 絵
凡 例

初版序(石河幹明)
幼少の時
長崎遊学
大阪修業
緒方の塾風
大阪を去って江戸に行く
はじめてアメリカに渡る
ヨーロッパ各国に行く
攘夷論
再度米国行
王政維新
暗殺の心配
雑 記
一身一家経済の由来
品行家風
老余の半生

解 説
福沢諭吉年表
人名書名注解語句索引


つづきを読む

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

富田正文(とみた まさふみ)
 明治31年8月20日茨城県に生まれ、大正15年慶應義塾大学文学部卒業。その後慶應義塾塾監局に勤務し、総務課長、慶應義塾参事となり、その間大学文学部講師を兼ねた。昭和22年慶應通信株式会社創立と共に常務取締役に就任、34年取締役社長、54年から取締役会長となる。
 福沢研究の業績としては、『福沢諭吉選集』(8巻 昭和26〜27年および14巻 昭和55〜56年、いずれも岩波書店)、『福沢諭吉全集』(21巻 昭和33〜39年および21巻プラス別巻 昭和44〜46年、いずれも岩波書店)の編纂がある。
 著書に『福沢諭吉襍攷』(昭和17年、三田文学出版部)、主著となった『考証 福沢諭吉』(2巻、平成4年、岩波書店)などがある。
 平成5年8月27日逝去、享年95。

定価1,620円 (本体:1,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.