Detail
雑誌詳細
教育と医学
毎月27日発売
雑誌コード:03023−9
税込価格:755円
在庫あり


発行所直接申込みに限り
1年分8200円(税・送料込)
定期購読の申込み
アンケート
メルマガを読もう

バックナンバー
2005年9月号
 2005/09/01発行(2005/8/27発売)

特集
分権化の下での教育
義務教育費国庫負担金制度が検討されるなど,今,大きく義務教育が変わろうとしています.義務教育の地方分権化がめざすものは,何であるのか.そして,本来,教育改革がめざすべき方向がどうあるべきか,現実に今の日本の教育政策はどこに向かおうとしているのか.
日本の教育が豊かなものになるには、私たちは何をめざしていったらよいのでしょう。専門家の方たちにご執筆いただきました。
 
立ち読み
 
巻頭随筆
義務教育の分権化………市川昭午
総説
教育における分権改革のゆくえ………藤田英典
義務教育改革の基本課題
――義務教育費国庫負担金の存廃論議を考える………小川正人
各論
分権化の中の教育委員会――その教育改革の取り組みを支えるもの………堀 和郎
地方分権時代の学校づくりをどう進めるか………葉養正明
分権化の下における学校経営………堀内 孜
分権化の下でのスクールリーダー………元兼正浩
二十一世紀五年目:分権化ののなかの社会教育………大串隆吉
分権化と特別支援教育
――行政とNPOの協働による特別支援教育体制をサポートする試み………緒方明子
中国における義務教育行政の分権改革………大塚 豊
連載
危機に立つ子どもの心▼子ども虐待――精神医学の立場から………黒木俊秀・山下 洋・吉田敬子
編集委員の目▼「心理的関わりの距離」が子どもの学びを変える………丸野俊一
折々の一冊▼『アメリカ教育使節団報告書』………安藤延男
カレント・トピックス▼平成17年版『青少年白書』………阿部 洋
特別支援教育のページ▼久里浜だより=脳科学と特別支援教育
………独立行政法人国立特殊教育総合研究所
編集後記………望田研吾
関連バックナンバー
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.