Contents
目次
流体生命論
A5判/並製/220頁
初版年月日:2005/04/25
ISBN:
978-4-7664-1150-8
 
(4-7664-1150-1)
Cコード:C3310
税込価格:3,080円
流体生命論

目次


新記号論叢書[セミオトポス]創刊によせて
日本記号学会会長 室井尚

I 流体生命論
流体生命論に向けて――野口三千三
『原初生命体としての人間』を手がかりに 吉岡洋

〈キレイ〉が地球を破壊する――原初生命体からの視点
藤田紘一郎 聞き手 吉岡洋

時代の曲り角に怪物が立つ――野口体操と舞踊的身体
麿赤兒 聞き手 立花義遼・吉岡洋

液状世界論――流体/身体/文化―― 室井尚

記号論的生物像――生物主体の三項構造 川出由己

ミミズのように生きること
中村方子 聞き手 吉岡洋

記憶、身体配列
ゲスト・菅原和孝 出席者・安藤泰彦、稲垣貴士、小杉美穂子、吉岡洋(司会)

「ものわすれ」はどのようにしておこるか
――その認知的特質 有馬道子

鶏と人間――概念の変異―― 木戸敏郎

II 記号論の諸層

政党の政治コミュニケーションの訴求力
――ポスター広告「カイ党宣言、自民党」をめぐって 奥田博子


論証の装置としてのステレオタイプ
――フランス新聞における日本のモードの表象を通して 高馬京子

日本記号学会第二三回大会について

おわりに 吉岡洋

執筆者紹介

日本記号学会設立趣意書
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.