Contents
目次
三田演説会と慶應義塾系演説会
A5判/上製/620頁
初版年月日:1998/04/25
ISBN:
978-4-7664-0691-7
 
(4-7664-0691-5)
Cコード:C3036
税込価格:8,640円
三田演説会と慶應義塾系演説会

目次

はしがき

第 I 章 「演説」の創始―福沢諭吉の演説観

第 II 章 三田演説会の創設と展開
第一節 三田演説会についての基本史料
第二節 三田演説会の変遷
第三節 草創期の三田演説会
第四節 発展期の三田演説会
第五節 転換期の三田演説会
第六節 三田演説会の登壇者
第七節 議事演習会
第八節 塾生の演説会活動

第 III 章 慶應義塾系演説会
第一節 演説の時代―演説者・演説結社番付
第二節 三田政談会・政談社演説会
第三節 経世社演説会
第四節 豈好同盟演説会
第五節 東洋議政会演説会

第 IV 章 明治十年代前半期慶應義塾入社生の軌跡
第一節 明治十年代前半期における慶應義塾の塾生生活
第二節 精干社の人々
第三節 梅木忠朴の場合―松山・東京・神戸
第四節 村山定をめぐって

第 V 章 付論
第一節 鎗屋町講談会について
第二節 薫誘舎演説会について―加藤政之助宛福沢書翰の背景
第三節 J・R・ブラックとH・J・ブラック
第四節 『通俗国権論』の周辺―著作・演説・書信
第五節 E・S・モース宛福沢書翰について
第六節 福沢諭吉の演説記録「功名論」について

あとがき
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.