Contents
目次
エッセンシャル金融ジェロントロジー
A5判/並製/320頁
初版年月日:2019/09/30
ISBN:
978-4-7664-2625-0
 
(4-7664-2625-8)
Cコード:C3033
税込価格:3,300円
エッセンシャル金融ジェロントロジー
高齢者の暮らし・健康・資産を考える

目次

第1章 金融ジェロントロジー概論 (駒村康平)
 1 高齢化・長寿化と人口構造の変化
 2 長寿社会における資産保有の課題
 3 認知症の方が保有する金融資産
 4 金融ジェロントロジーとその役割
 5 金融ジェロントロジーの可能性
 6 高齢者の生活を支える業務に携わる者の倫理観
 7 本章のまとめ及び本書全体の概観と講義の狙い

 コラム1-1 より深く学びたい方に
 ――「行動経済学」と認知機能の変化

  第 I 部 高齢者の生活と資産の管理

第2章 高齢者を取り巻く社会保障制度
――年金・医療・介護 (駒村康平)
 1 社会保障制度が抱える制度的課題
 2 公的年金制度の今後
 3 医療保険制度
 4 介護保険と施設選択
 5 社会保障改革・今後の展開

 コラム 2-1 2040 年死亡者約 170 万人時代
 コラム 2-2 より深く学びたい方に@
 ――介護費用(介護報酬)の構造
 コラム 2-3 より深く学びたい方にA
 ――地方への移住・住み替えという選択肢(日本版 CCRC)

第3章 高齢者の生活状況 (駒村康平)
 1 高齢者の消費行動とライフサイクル消費―貯蓄モデル
 2 高齢者世帯の収入、支出、貯蓄
 3 高齢者世帯の家計収支
 4 高齢者が直面するさまざまなリスク
 5 高齢者の健康状態と医療・介護リスク
 6 さらに進む高齢化のもとでの健康・資産管理

 コラム 3-1 高齢の就労世帯の家計の状況
 コラム 3-2 物価スライドと高齢者の消費行動
 コラム 3-3 より深く学びたい方に

第4章 高齢者の資産管理(1)
――資産寿命という観点から (大庭昭彦)
 1 日本の個人資産の年齢別分布
 2 資産運用のライフサイクル理論
 3 高齢者の資産運用の実際
 4 高齢者と取り崩し
 5 取り崩し期とマーケット

第5章 高齢者の資産管理(2)
――意思決定支援の仕組み(後見、信託) (吉野智・石崎浩二・大内誠)
 1 成年後見制度
 1節補足資料 法定後見、任意後見の実務について
 2 信託

  第U部 加齢に伴う心身の変化とその対応

第6章 高齢者の心理(1)
――加齢に伴う心的機能の変化とその対応 (高山緑)
 1 加齢変化に見られる多様性
 2 知性に関わる機能の加齢変化
 3 情動の加齢変化
 4 パーソナリティ(性格)の加齢変化
 5 高齢期 well being
 6 個人差へのまなざし

第7章 高齢者の心理(2)
――高齢者とのより良いコミュニケーションのために (高山緑)
 1 高齢期の特徴を理解した上でのコミュニケーションの工夫
 2 より良いコミュニケーションをとるために
 ――コミュニケーションの基本的姿勢と技術
 3 意思決定に関わるコミュニケーション
 4 高齢者本人の立場に立つ

第8章 高齢化と身体・感覚器官の変化――加齢と病気 (新井康通)
 1 長寿命化に伴う健康問題
 2 重要臓器の老化
 3 感覚器の老化
 4 加齢に伴う臓器機能の低下の集積としてのフレイル
 5 健康寿命と寿命格差
 6 百寿者の特徴
 7 老年医学の新たな方向へ

第9章 認知症について(1)――総 論 (三村将)
 1 認知症とは
 2 認知症の疫学
 3 認知症の臨床所見
 4 中核症状の評価
 5 周辺症状の評価
 6 認知症の重症度
 7 検査所見
 8 治 療
 9 今後増加が予想される認知症高齢者への対応に向けて

第10章 認知症について(2)――代表的疾患と治療 (田渕肇)
 1 わが国の認知症の現状
 2 正常加齢と認知症のちがい
 3 認知症の診断
 4 認知症の治療
 ――認知症に対するアプローチ、薬物療法
 5 認知症へのさらなる対応の必要性

第11章 高齢者・認知症の意思決定能力について
――評価と支援 (江口洋子)
 1 医療同意の現状
 2 医療同意能力(医療行為に対する意思決定能力)の評価
 3 フィナンシャル・キャパシティ (Financial Capacity)
 4 FC の評価と支援のあり方
 5 FC の評価に必要なこと

第12章 高齢者対応ケーススタデイ (岸本泰士郎・中村陽一・江口洋子)
 1 ケース 1 : 金融分野に関して高い能力を示す
 2 ケース 2 : 認知症の可能性がある場合
 3 ケース 3 : 認知機能に問題はないが、なかなか提案を検討してもらえない

 コラム 12-1 認知症の種類と鑑別疾患(症状が類似する疾患)
 コラム 12-2 返答に困ったときに
 コラム 12-3 ラポール


執筆者略歴
編者略歴
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.