Contents
目次
犯罪学入門
A5判/並製/224頁
初版年月日:2019/07/30
ISBN:
978-4-7664-2594-9
 
(4-7664-2594-4)
Cコード:C3032
税込価格:2,700円
犯罪学入門
ガバナンス・社会安全政策のアプローチ

目次

   
はしがき
凡 例

 第1部 総 論
□ 第1章 社会安全政策論への招待
 1. 本書の目的:あなたが当事者ならどう考えますか?
 ──振り込め詐欺対策等を例として
 2. 社会安全政策論の視点
 コラム 社会安全政策論と危機管理学
 コラム 社会安全政策論とガバナンス研究

□ 第2章 犯罪学の発展の歴史
 1. 犯罪学とは
 2. 犯罪原因論
 3. 犯罪予防論
 【本章のポイント】
 コラム 「割れ窓」理論

□ 第3章 戦後の日本の犯罪情勢
 1. 安全(客観的な犯罪統計)
 2. 安心(主観的な体感治安)
 3. 他国との比較
 4. 平成前期における犯罪情勢の悪化の要因
 5. 2003年(平成15年)以降の政府による総合的な犯罪対策
 【本章のポイント】

□ 第4章 第1部のまとめ──社会安全政策論とは
 1. 概要
 2. 理論形成の背景
 3. 社会安全政策論の今日的意義
 4. おわりに
 【本章のポイント】


 第2部 各 論
□ 第5章 少年の非行、少年の犯罪被害
 1. はじめに──少年に対する手続き
 2. 少年による犯罪をめぐる情勢
 3. 少年の犯罪被害
 4. 政府による対策
 5. 様々な課題──あなたが当事者ならどう考えますか?
 【本章のポイント】

□ 第6章 犯罪のグローバル化
 1. はじめに──犯罪のグローバル化はなぜ問題なのか
 2. 犯罪のグローバル化の背景
 3. 犯罪のグローバル化の現状
 4. 政府による対策
 5. 様々な課題──あなたが当事者ならどう考えますか?
 【本章のポイント】 
 コラム 日本国内での在留外国人の分布

□ 第7章 サイバー犯罪等
 1. はじめに──背景事情
 2. サイバー犯罪をめぐる状況
 3. 政府による対策
 4.  様々な課題──あなたが当事者ならどう考えますか?
 【本章のポイント】

□ 第8章 警察制度
 1. 現代の警察制度の特徴
 2. 人員規模
 3. 予算規模
 4. 捜査権限等
 5. 警察に対する国民の信頼
 6. 様々な課題──あなたが当事者ならどう考えますか?
 【本章のポイント】
 コラム 「警察の正統性」理論と「手続き的公正」理論

□ 第9章 新たな課題──犯罪被害者等支援、再犯防止
 1. 犯罪被害者等支援
 2. 犯罪者の再犯防止
 【本章のポイント】
 コラム 加害者家族等をめぐる問題


 第3部 ケース・スタディ
□ 第10章 事例@:大型ショッピングモール内の犯罪対策
 1. 主人公 〜 山田太郎(K市役所 総務部企画調整課 課長補佐)
 2. S県K市
 3. 大型ショッピングセンターの開設
 4. ショッピングセンター内及び周辺地域における犯罪情勢の悪化
 5. 犯罪対策をめぐる様々な意見
 6. 市長からの指示

□ 第11章 事例A:大学のセキュリティ
 1. 主人公 〜 山本一郎(私立S大学 総務課 主任)
 2. 私立S大学
 3. 大学校内での傷害事件の発生
 4. 事件後の状況
 5. セキュリティをめぐる様々な意見
 6. 大学上層部からの指示

□ 第12章 事例B:地元に更生保護施設を受け入れるか?
──A県B市甲地区自治会
 1. 主人公〜鈴木太郎(ビジネス・コンサルタント)
 2. A県B市
 3. 自立更生促進センターが来る?
 4. センター受入れのメリット・デメリット
 5. 施設の受入れをめぐる様々な意見
 6. 父親(自治会長)からの依頼


事項索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.