Contents
目次
監視カメラと閉鎖する共同体
A5判/上製/208頁
初版年月日:2019/02/28
ISBN:
978-4-7664-2586-4
 
(4-7664-2586-3)
Cコード:C3036
税込価格:4,400円
監視カメラと閉鎖する共同体
敵対性と排除の社会学

目次

はじめに

第1章 監視社会研究再考
 1 はじめに
 2 監視カメラの効果研究とそれを支えるもの
 3 近代化と国民国家による社会の監視
 4 消費社会と技術による情報の管理
 5 本書の視座

第2章 監視カメラ表象の変遷
 1 はじめに
 2 公的機関による監視カメラの設置と普及
  2-1 1950〜1960年代/2-2 1970〜1980年代/2-3 1990〜2000年代
 3 民間における監視カメラの設置と普及
  3-1 1950〜1960年代/3-2 1970〜1980年代/3-3 1990〜2000年代
 4 おわりに

第3章 地域における監視カメラ設置の論理
 1 はじめに
 2 調査の概要
 3 なぜ監視カメラは設置されるのか
 4 監視カメラ設置の舞台裏
 5 監視カメラをめぐる「物語」の構成
 6 おわりに

第4章 現代の閉じた卜占
 1 はじめに
 2 監視カメラの経験的な機制
 3 分析の枠組み
 4 現代の卜占としての監視カメラ
  4-1 現代の監視カメラの特徴/4-2 2方向の解釈/4-3 閉じた卜占
 5 おわりに

第5章 地域住民が監視カメラによせる別様の意味
 1 はじめに
 2 地域の概要
 3 第T期 意味の競合
  3-1 監視カメラの課題化(〜2004年秋)/3-2 警察の設置提案と自治会の拒否(2004年
  秋〜2005年3月)
 4 第U期 意味の統合
  4-1 協議会における再提案(2006年7月〜12月)/4-2 まちづくりのための監視カメラとい
  う意味の形成(2006年12月〜2007年12月)/4-3 関係者の間接的な支援と設置の正当化
  (2008年1月〜2008年12月)
 5 第V期 意味の弱体化(〜2009年6月)
 6 おわりに

終 章 開かれた反省性と閉じた反省性
 1 監視カメラとコミュニティの循環的構成
 2 3つの機制による空間の再定義
 3 反復的な異物の視聴と自己撞着としての権力
 4 権力の文脈を確定する共同体の呪術
 5 2つの反省性

あとがき
参考文献
索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.