Contents
目次
キリスト教と寛容
A5判/上製/288頁
初版年月日:2019/02/28
ISBN:
978-4-7664-2587-1
 
(4-7664-2587-1)
Cコード:C3016
税込価格:3,780円
キリスト教と寛容
中近世の日本とヨーロッパ

目次

序 章 キリスト教における「寛容」とは  浅見 雅一

 第T部 日本における寛容
第一章 元和の大殉教と宣教師の寛容  山本 博文
第二章 島原の乱と「立ち帰り」――― 一揆とキリシタン信仰  神田 千里
第三章 「寛容」をめぐる政権と仏教勢力  上野 大輔
第四章 ルイス・フロイスの見た一六世紀の京都  杉森 哲也
第五章 戦国大名大友宗麟の「寛容」  川村 信三
第六章 カトリックにおける婚姻問題と寛容  安 廷苑
第七章 オランダ共和国における宗教的寛容と日本  松方 冬子

 第U部 ヨーロッパにおける寛容
第一章 レッシング『賢者ナータン』のアクチュアリティ  渡邉 直樹
第二章 モンテーニュと文化的寛容  久保田 剛史
第三章 一六―一七世紀前半のイングランドにおける宗教改革と反カトリック  山本 信太郎
第四章 近世ヨーロッパを生き抜く宗教的マイノリティ再洗礼派――多宗派併存都市ノイヴィートのメノー派を中心に  永本 哲也
第五章 中近世スペインにおける宗教的マイノリティ  関 哲行 
第六章 偏見と寛容――クリュニー修道院長ペトルス・ヴェネラビリスとイスラーム  神崎 忠昭
第七章 イスラームにおけるイエス・キリスト――クルアーンから、そして後代の二つの視点から  野元 晋

終 章 全体の総括と寛容の問題を理解するための視角  野々瀬 浩司

 あとがき
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.