Contents
目次
国際責任の履行における賠償の研究
A5判/上製函入/344頁
初版年月日:2018/03/30
ISBN:
978-4-7664-2514-7
 
(4-7664-2514-6)
Cコード:C3032
税込価格:6,380円
国際責任の履行における賠償の研究

目次

はしがき

 問題の所在

  第一部 国際責任法の発展

第一章 国際責任法の法典化作業
 第一節 責任法に関する法典化作業の種類
  1 国際機構による法典化作業
  2 国際責任規則をめぐる学会活動
  3 個人の責任規則についての私案  
 第二節 国際連盟における法典編纂
  1 一九二九年の法典化会議  
  (1) 国際連盟における準備作業
  (2) 経済委員会の法典草案
    a 条約の目的/b 外国国民と国際貿易/c 外国国民の定住/d 外国国民の財政
    上の取扱/e 外国会社の取扱
  (3) パリ会議における審議
    a 国際貿易の保護、居住の自由、貿易等の実施、司法上の保証/b 財政上の取
    扱/c 外国会社の取扱
  (4) 一九二九年法典編纂会議の意味
  2 一九三〇年の法典化会議
  (1) 国際連盟における法典化の動き
  (2) 学界の対応 
    a 万国国際法学会(Institut)の対応/b 日本国際法学会及国際法協会日本支部議定国際法典案/c 一九二九年ハーヴァード草案/d 一九六一年ハーヴァード草案
  (3) 理論的側面における一般性
  (4) 一九三〇年法典編纂会議の対象の限定性の要因とその意味
 第三節 国連国際法委員会の法典化作業
  1 特別報告者ガルシア・アマドールによる作業
  2 特別報告者アゴー、リップハーゲン、アランジオ・ルイズ、クロフォードの作業
  3 特別報告者クェンチン・バクスター、バルボザ、ラオによる作業

第二章 国際法学説における責任法の位置
 第一節 一八世紀までの国際責任論
 第二節 ヘフター、トリーペル以後の国際責任論
 第三節 アンツィロッティの国際責任理論
  1 客観責任主義
  2 賠償(reparation)  
  3 責任に関する一般理論の構築
 第四節 第一次大戦後の国際責任論

第三章 第一次規範と国際責任法
 第一節 宇宙法
  1 宇宙活動をめぐる国の責任に関する国際法の展開
  (1) 宇宙条約以前
  (2) 宇宙条約
  (3) 宇宙損害責任条約
  2 これまでの責任法との関係
  (1) 保証責任
  (2) 損害賠償責任
  3 宇宙法における責任理論の問題点
 第二節 戦争法・武力紛争法
  1 一九〇七年陸戦の法規慣例に関する条約第三条
  2 一九七七年第一追加議定書第九一条
  3 戦争法・武力紛争法と責任法の関係

  第二部 国際責任の履行方式

第一章 履行方式の種類
 第一節 違法行為の停止
  1 国際法委員会案
  2 学説・判例
  3 違法行為の停止の意義
 第二節 原状回復
  1 法典化作業
  2 学説
  3 国際判例
  4 原状回復の意義  
 第三節 金銭賠償
  1 法典化作業
  2 金銭賠償をめぐる問題点
  (1) 間接損害
  (2) 利子・逸失利益
  (3) 保険制度
  3 国際判例

第二章 懲罰的損害賠償
 第一節 国際的事例における取扱
 第二節 学説の動向
 第三節 法典化作業における取扱
  1 一九三〇年ハーグ法典編纂会議
  2 国際法委員会における法典化
  (1) ガルシア・アマドール報告書
  (2) アランジオ・ルイズ報告書
 第四節 評価

第三章 サティスファクション
 第一節 金銭によらないサティスファクション
  1 陳謝
  2 責任者の処罰
  3 再発の防止
 第二節 金銭によるサティスファクション
  1 金銭賠償との区別
  2 区別の規準
 第三節 宣言判決
  1 国際判例における取扱
  2 学説の立場
  3 他の賠償の前提としての宣言判決
 第四節 サティスファクションの意義
  1 損害による区分
  2 解決手続による限定
  3 賠償の方法としてのサティスファクション

  第三部 国際責任の履行における賠償の意義

第一章 二重の機能からみた賠償の意義
 第一節 もとの状態への復帰
 第二節 法秩序の維持
 第三節 国際法における「国の国際犯罪」概念
  1 国の国際犯罪と個人の国際犯罪
  2 国の国際犯罪と強行規範
  3 国の国際犯罪と国際連合
  4 国の国際犯罪と訴訟

第二章 賠償と対抗措置
 第一節 対抗措置の意義
 第二節 法典化作業における取扱
 第三節 賠償と対抗措置の関係

結語
 賠償と責任の関係
 第一次規範における賠償方式の特定

参考文献
国際責任法資料 
人名索引  
事項索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.