Contents
目次
小泉信三エッセイ選 1 善を行うに勇なれ
四六判/上製/304頁
初版年月日:2016/10/31
ISBN:
978-4-7664-2383-9
 
(4-7664-2383-6)
Cコード:C0095
税込価格:3,024円
小泉信三エッセイ選 1 善を行うに勇なれ

目次

T 我が身辺
   小恍惚 
   人間愛 鳥獣愛 
   ホビイ 
   戦時の花 
   音楽の記憶 
   年少の友たち 
   三十分だけ自分の時間を
   孤独の時間 
   読書と文章 ―― 年少学生のために ―― 
   再読の興味 
   少年文学 
   燈台守り 
   スタンドプレイ 
   フェアプレーのこと 
   練習 
   熟練 
   好きなもの嫌いなもの 

U 日々の心得
   野暮 
   晴天の友 
   特攻隊員の渡米留学 
   冠婚葬祭 
   電話 
   親の躾け 
   正直で律儀な国民 ―― 外遊の教訓から ―― 
   自由と訓練 
   みんな勇気を 
   善を行う智 
   父と子 
   美澤先生を偲ぶ(抄) 
   善い言葉 
   徳教は目より入り、耳より入る 
   己れの欲せざる所人に施すこと勿れ
   夫子ノ道ハ忠恕ノミ 
   道徳教育と耳と目 
   吾れかく信ず 
   期待される人間像 

V 国を想う
   法隆寺金堂の炎焼 
   愛国心 
   明治百年 
   気ままへの阿ねり 
   寛容と規律 
   夏目漱石の「私の個人主義」 
   記者の義務、人間の義務 
   安易なる野党主義 
   バスの乗りいそぎ 
   「貝殻追放」の精神 
   「貝殻追放」 
   ペンと剣 
   再びペンと剣 
  
W 学生に与う
   大学問題 
   ヒポクラテスの誓い 
   婦人とその子の教育 ―― 特に塾生幼稚舎生の母姉に寄す ―― 
   和田義郎氏の風格 
   幼稚舎創立九十周年記念式祝辞 ―― 昭和三十九年五月十五日 ―― 
   わが願望 
   塾長訓示 
   塾の徽章 ―― 塾生への講話 
   卒業生諸君を送る 
   塾生諸君に告ぐ 
   大東亜戦争体験記録集『パゴダに祈る』序 

X 万年の春
   メッセージ 
   美しい国土 
   世界は一つ 
   東京五輪の自信と教訓 
   この頃の皇太子殿下 
   正田美智子嬢  
   お二人だけの時間を 
  

   編者あとがき(神吉創二)
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.