Contents
目次
大学のIR
A5判/並製/212頁
初版年月日:2016/04/25
ISBN:
978-4-7664-2279-5
 
(4-7664-2279-1)
Cコード:C3037
税込価格:2,750円
大学のIR
意思決定支援のための情報収集と分析

目次

まえがき

 〈第T部 IRで何ができるか〉

第1章 IRとは何か ―― 日本型IRの追究
 1 IRとは何か
 2 IRで何が可能になるか
 3 IRのために大学がすべきことは何か
 4 はじめの一歩
 5 本書の構成
 Column 1 アメリカの大学のIR小史

第2章 IRの適用領域とツール
 1 IRの適用領域
 2 IRのツール(道具)と方法
  (1) 大学の位置を明らかにするツール
  (2) 調査統計とベンチマーキング
 Column 2 アメリカのIR協会:AIR

第3章 IRの組織をつくるために
 1 IRの組織と担当者
 2 IRと執行部
 3 情報共有、意思決定支援、全学的合意形成
 Column 3 アメリカの大学のIRオフィスが果たす機能

 〈第U部 大学とIRのツール〉

第4章 大学を見る ―― IRの主なツール(1)
 1 大学のダッシュボードをつくる
 2 環境スキャンと高等教育政策の動向分析
 3 SWOT分析
 Column 4 IRに関する高等教育政策

第5章 大学を調べる ―― IRの主なツール(2)
 1 調査と統計の技法
  (1) IRにおける調査と統計の意義
  (2) 調査の方法
  (3) 調査と統計分析の例 ―― 中退のケース
  (4) 調査と統計の意義
 2 IRと学生調査
  (1) アメリカの大学のIRと学生調査
  (2) 学生調査のモデル
 3 IRと大学ベンチマーキング
  (1) ベンチマーキングとは何か
  (2) ベンチマーキングの手法

第6章 大学のデータを集める ―― IRの主なツール(3)
 1 IRとデータとの関わり
 2 データ統合
 3 データベース
 4 効果的なIR実践のための課題

 〈第V部 IRの主な実践例〉

第7章 エンロールメント・マネジメント
 1 エンロールメント・マネジメントとは?
 2 学生募集
 3 学生フロー
 4 EMが必要とされる背景
 5 日本の大学におけるEMの実践例

第8章 大学の質保証と情報公開
 1 教育の質保証とアセスメント
 2 高大接続・初年次教育と学生調査
 3 大学情報公開と大学ポートレート
 Column 5 アメリカの大学情報公開の現状
 Column 6 大学評価と質保障

第9章 IRコンソーシアム
 1 大学IRコンソーシアム ―― 4大学IRネットワーク
 2 大学評価コンソーシアム
 Column 7 アメリカの大学のデータコンソーシアム

第10章 経営支援のIR
 1 戦略計画とIR
  (1) 戦略計画とは何か
  (2) アメリカの大学における戦略計画の例
  (3) 愛在大学の実行計画(アクション・プラン)
  (4) IRと戦略計画、大学の情報公開、ベンチマーキング、学生調査
 2 財務計画とIR
  (1) 財務計画
  (2) 戦略計画を支えるインフラとしての財務計画
  (3) 戦略予算

終章 IRの実践のために

 資料 日本の大学におけるIRの現状
 あとがき
 参考文献
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.