Contents
目次
超成熟社会発展のサイエンス
四六判/並製/272頁
初版年月日:2015/12/15
ISBN:
978-4-7664-2265-8
 
(4-7664-2265-1)
Cコード:C3037
税込価格:1,760円
超成熟社会発展のサイエンス
超成熟社会をリードするグローバル博士人材の育成

目次

    
    
はじめに   清家 篤(慶應義塾長)

第1部 国際学長フォーラム
世界の5大学学長が討論
― 大変革の時代を担う人材の育成―
はじめに   真壁利明(慶應義塾 常任理事)
 
 第1章 数字で見る5大学の現状と最近の動き
  1.1 東京大学
  1.2 オックスフォード大学
  1.3 エコール サントラル ナント校
  1.4 シンガポール国立大学
  1.5 慶應義塾大学
 
 第2章 大学の教育と研究の将来展望
 ― 多くのトレードオフ問題を議論する ―
 終わりに

第2部 慶應義塾、5年一貫リーディング大学院プログラム

 第1章 リーディング大学院プログラムに寄せて
  1. プログラム開設にあたって
   1.1 超成熟社会発展のサイエンスプログラムの開始にあたって   清家 篤
   1.2 超成熟社会発展のサイエンスプログラムの基本方針   大西公平
   1.3 「未知との遭遇」がはじまった?   長谷山 彰

  2. プログラムへの期待
   2.1 新たな「学問のすゝめ」の橋頭保に   鈴木 寛
   2.2 慶應の新プログラムに対するOxfordからの期待   Roger Goodman
   2.3 慶應義塾のチャレンジ,「グローバルリーダー育成」に期待して   川村 隆
   2.4 日米双方のメリットを活かす   藤崎一郎
   2.5 適応力・起業家精神・そして多彩な分野におけるチャレンジを支援する慶應義塾大学
   リーディングプログラムの教育目標   Arnaud Poitou
   2.6 慶應義塾大学リーディングプログラムへの期待   相磯秀夫
   2.7 リーディング大学院プログラムにおけるリーダー育成へ産業界から期待する
   佐藤博恒
   2.8 慶應義塾リーディング大学院プログラムによせて   福田紀彦  
   2.9 夢を描き行動にうつせる人材を育むリーディング大学院に   永野 博          
   2.10 東京オリンピック・パラリンピック2020で「超成熟社会」の活力を世界に披露
   波多野 睦子

  3. 高度博士人材への期待
   3.1 第三の開国と大学院高度博士人材育成   真壁利明
   3.2 トップ国際人材の獲得競争は続く   村上由美子
   3.3 想像力に富んだ博士の養成   Kurt Deketelaere
   3.4 イノベーションにより新市場を創生し、産業構造を転換して日本経済を成長軌道にの
   せよう   永里善彦
   3.5 超成熟社会発展に求められる文理融合リーダー   樋口美雄
   3.6 川崎市が期待するリーダー像   三浦 淳
   3.7 豊かな国際力の育成   青山藤詞郎
   3.8 生産性高い議論の場から育つ博士人材に期待して   國尾武光
   3.9 あきらめないこと   窪田 良
   3.10 リーディング学生への期待   目 薫
   3.11 先天的か後天的か:リーダーの資質   神成文彦

 第2章 リーディング大学院プログラム ― その仕組みと取組状況 ―
  はじめに  神成文彦
  1. プログラムの目的
  2. プログラムの特長
  3. 教育システム(MMDシステムによる本格的な文理融合の実現)
  4. プログラム設置科目
  5. 産業界・行政体との密な連携による人材育成(グループプロジェクト演習)
  6. 三位一体設計による人間力形成(主専攻 / 副専攻 / グループプロジェクト演習)
  7. モチベーションを高める多様な活動(海外派遣、夏・冬キャンプ、e.t.c.)
  8. 他キャンパスを繋ぐe- ラーニングクラウドシステム
  9. メンバー構成

編集後記
真壁利明(慶應義塾大学リーディング大学院プログラム ボード会議議長)
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.