Contents
目次
テクストとは何か
A5判/並製/274頁
初版年月日:2015/10/30
ISBN:
978-4-7664-2280-1
 
(4-7664-2280-5)
Cコード:C3000
税込価格:2,376円
テクストとは何か
編集文献学入門

目次

序 編集文献学とは何か   明星聖子

T 古典とは何か
 第1章 西洋古典テクストの伝承と校訂
 ―― プラトン『ポリテイア(国家)』   納富信留
 第2章 著作集編集と「古典」の成立
 ―― ゲーテ『若きウェルテルの悩み』   矢羽々崇

U 聖典とは何か
 第3章 聖なるテクストを編集する
 ―― 新約聖書   伊藤博明

V 作品とは何か
 第4章 ヨーロッパ中世の俗語文学
 ―― チョーサー『カンタベリー物語』   松田隆美
 第5章 可能態としてのテクスト
 ―― ムージル『特性のない男』   北島玲子

W 上演とは何か
 第6章 演劇テクストの作者は誰?
 ―― シェイクスピア『ハムレット』   井出 新
 第7章 歌劇の「正しい」姿?
 ―― ワーグナー《タンホイザー》   松原良輔

X 作者とは何か
 第8章 モダニズムのテクスト
 ―― フォークナー『響きと怒り』   中谷 崇
 第9章 遺稿編集の問題
 ―― ニーチェ『権力への意志』   トーマス・ペーカー(矢羽々崇訳)

 終 章 テクストとは何か
 ―― カフカの遺稿   明星聖子

  結   テクストを読み解く技法   納富信留

  人名索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.