Contents
目次
旅の書物/旅する書物
A5変型判/上製/246頁
初版年月日:2015/09/30
ISBN:
978-4-7664-2261-0
 
(4-7664-2261-9)
Cコード:C3000
税込価格:3,240円
旅の書物/旅する書物

目次

前 言   松田 隆美

T 探書と旅
 旅と文献情報の収集
 ―― 16世紀コンラート・ゲスナーの場合   雪嶋 宏一

 「よりよいテクスト」探索の旅
 ―― サー・トマス・マロリー『アーサーの死』をめぐる数奇な出版事情と編集者たち
 不破 有理

U 旅の記録と旅の実際
 2つのローマ
 ―― 「旅の書」にアイデンティティの上書き利用を読む   神崎 忠昭

 旅の書物 / 旅する書物
 ―― 近代イギリスのイタリア旅行記とガイドブック   松田 隆美

 イブン・バットゥータの上エジプト紀行
 ―― 喜捨と歓待をめぐる一考察  長谷部史彦

 「通信使記録」からみた使節団の庶民芸能見物   田代 和生

V フィクションと旅
 フィリップ・ド・シャンパーニュ作、通称《煉獄の魂》再考
 ―― 「勝利するキリスト」図像の視点から   木村 三郎

 『ガリヴァー旅行記』をめぐる東西文献交渉史   原田 範行

 中国古典文学に見る雅と俗の「旅」   吉永 壮介


  執筆者紹介
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.