Contents
目次
マルクス経済学 第2版
A5判/並製/306頁
初版年月日:2015/08/31
ISBN:
978-4-7664-2248-1
 
(4-7664-2248-1)
Cコード:C3033
税込価格:2,592円
マルクス経済学 第2版

目次

はしがき
第2版はしがき

第1章 マルクスの人間論
―― 唯物論としての人間・自然・生産関係
 T 土台としての生産活動
 U 上部構造の唯物論的理解
 V 土台が上部構造を規定するとはどういうことか

第2章 商品生産社会としての資本主義
―― 資本主義的生産力の量的性格、自己増殖する価値としての資本
 T 商品生産が一般化する条件としての生産力
 U 取引される生産物としての商品
 ―― 具体化された唯物論的人間観としての商品交換
 V 特殊な商品としての貨幣
 ―― 具体化された唯物論的人間観としての貨幣目的
 W 自己増殖する貨幣としての資本
 ―― 具体化された企業の生産目的としての利潤

第3章 工業社会としての資本主義
―― 資本主義的生産力の質、労働指揮権としての資本
 T 「労働指揮権」としての資本
 U 剰余価値の量的変動
 V 非工業部門における「産業革命」と資本主義化

第4章 資本主義の発展と死滅
―― 蓄積論、量が生み出す新しい質
 T 資本主義の生成・発展・死滅を説明するモデル
 ―― マルクス派最適成長モデル
 U 蓄積捨象の場合の再生産条件 ―― 単純再生産
 V 剰余価値の資本への転化 ―― 拡大再生産
 W 資本主義的蓄積の一般的傾向 ―― 資本主義的蓄積の終焉
 X 原始的蓄積と国家資本主義

第5章 資本主義的生産における剰余価値の諸部門への分配
 T 『資本論』の課題と構成
 U 資本の循環、回転および社会的再生産 ―― 資本の流通過程
 V 利潤、利子、地代への剰余価値の分配
 ―― 資本主義的生産の総過程

第6章 資本主義的生産に先行する諸形態
 T 迂回生産システムの飛躍的発展としての農業革命
 U 手工業における前封建制社会と封建制社会
 V サルが人間になるについての狩猟の役割

補論1 マルクス派最適成長論の分権的市場モデル
補論2 階級関係を組み込んだマルクス派最適成長モデルとその含意
補論3 牛耕の導入と普及による農家経営規模格差の変動モデル
数学付録 動学的最適化問題の解法について

参考文献
索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.