Contents
目次
近代日本と経済学
A5判/上製/428頁
初版年月日:2015/09/15
ISBN:
978-4-7664-2244-3
 
(4-7664-2244-9)
Cコード:C3033
税込価格:4,840円
近代日本と経済学
慶應義塾の経済学者たち

目次

   
   
   
はじめに


序 章(小室正紀)
 1 本書の課題
 2 教育組織の変遷
 3 大学部開設以降の学科担当者の変遷
 4 大学部以降の科目内容・人事体制・研究団体・機関誌
 5 本書の読み方


第1章 福沢諭吉の経済思想 ―― その時論と理想と思想(小室正紀)
 1 はじめに
 2 福沢諭吉の経済理論をどう考えるか
 3 松方財政批判の時論に見る経済思想
 4 むすび ―― なぜ完全雇用を重視したか


第2章 近代化における小幡篤次郎の役割(西澤直子)
 1 はじめに
 2 生涯
 3 経済書の翻訳
 4 近代化における小幡篤次郎の役割
 5 おわりに


第3章 ギャレット・ドロッパーズとドイツ経済思想(池田幸弘)
 1 はじめに
 2 ドロッパーズ「財政学講義」の編別構成
 3 イギリス古典派、ドイツ経済思想とドロッパーズ
 4 鉄道は民営化すべきか、国営化すべきか
 5 最適な課税
 6 むすびに代えて


第4章 堀江帰一の人物像・学説・思想(上久保敏)
 1 はじめに
 2 堀江帰一とはどういう人物か
 3 教育者・研究者としての堀江帰一
 4 実践家としての堀江帰一
 5 日本経済学史における堀江帰一 ―― むすびに代えて


第5章 気賀勘重とオイゲン・フォン・フィリッポヴィッチ(ギュンター・ディステルラート、池田幸弘訳)
 1 はじめに
 2 気賀勘重の履歴 ―― ドイツに行くまで
 3 気賀勘重のドイツでの足跡とドイツ人教授たち
 4 日本人がドイツ語で発表した経済学の博士論文
 5 気賀勘重の博士論文
 6 ドイツでの収穫 ―― 気賀勘重の翻訳・解説
 7 気賀勘重はなぜ『フィリッポヴィッチ氏経済原論』と『経済政策』を研究や翻訳のために選
   んだのか
 8 フィリッポヴィッチの経歴
 9 フィリッポヴィッチの著作
 10 フィリッポヴィッチの立場
 11 気賀勘重の著作
 12 慶應義塾大学と気賀、政治家としての気賀
 13 気賀勘重の立場


第6章 福田徳三の経済思想 ―― 厚生経済研究と福祉国家(西沢保)
 1 はじめに
 2 小泉信三の評価 ―― 福田と慶應義塾
 3 資本主義と社会主義の狭間で
 4 生存権の社会政策 ―― 国民的最低限:福祉国家
 5 厚生経済研究
 6 おわりに


第7章 小泉信三と理論経済学の確立 ―― 福田徳三との対比を中心に(池田幸弘)
 1 はじめに
 2 経済現象の歴史性と超歴史性、そしてロビンソン・クルーソー経済の前提
 3 経済の主要法則
 4 価値と富
 5 時間の経過の中での経済活動 ―― 生産期間の長期化
 6 経済循環
 7 総合的社会科学の構築者としての福田と小泉 ―― むすびに代えて


第8章 高橋誠一郎の経済学史研究(武藤秀太郎)
 1 はじめに
 2 学生時代の高橋誠一郎
 3 協同主義と浮世絵
 4 連続する「文化国家」の理念
 5 おわりに


第9章 商学の成立と向井鹿松(平野隆)
 1 はじめに
 2 向井鹿松の経歴
 3 向井鹿松の商学の特徴
 4 商学部分離問題
 5 おわりに


第10章 野村兼太郎と黎明期の経済史学(斎藤修)
 1 はじめに
 2 慶應義塾における経済史家の誕生
 3 日本経済史へ
 4 野村経済史学
 5 野村以後への展望


第11章 忘れ去られた経済学者 ―― 加田哲二とドイツ経済思想史(原田哲史)
 1 はじめに
 2 加田の生涯と著作 ―― 1931年に至るまでそして戦時体制下で
 3 加田『独逸経済思想史』の大構想とその難点および独自性
 4 むすび


第12章 激動の時代の経済学 ―― 自由放任主義の終焉と国家の経済介入(柳澤治)
 1 はじめに
 2 向井鹿松の統制経済論 ―― 「合理化」・「統制」と「企業改造」
 3 加田哲二の時代認識 ―― 昭和研究会と経済新体制問題の中で
 4 武村忠雄と戦争経済
 5 おわりに


第13章 新古典派の台頭と経済学の制度化・国際化(川俣雅弘)
 1 新古典派経済学とは
 2 新古典派経済学の展開
 3 戦前の研究
 4 経済学の制度化と国際化
 5 基礎理論の確立と経済諸問題への応用
 6 新古典派の台頭とマルクス経済学の衰退
 7 大学の学問的アイデンティティ


第14章 三田の計量経済学(宮内環)
 1 はじめに
 2 三田の計量経済学 ―― 市場の科学としての経済学
 3 統計学と三田の計量経済学
 4 海外の学会と三田の計量経済学
 5 おわりに


 あとがき
 索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.