Contents
目次
越境的な規範の形成と執行
A5判/上製/252頁
初版年月日:2014/09/30
ISBN:
978-4-7664-2170-5
 
(4-7664-2170-1)
Cコード:C3032
税込価格:7,700円
越境的な規範の形成と執行

目次

    
    
はしがき

    
序 章 グローバル化とトランスナショナル・ガバナンス
 1) 何故、グローバル化とトランスナショナル・ガバナンスなのか?
 2) グローバル化についての2つの論点(その1):
   貿易の変質と国際分業システム
 3) グローバル化についての2つの論点(その2):
   市場化原理と格差拡大
 4) ガバナンスとは何か?
 5) 本書の構成

 第T部 トランスナショナル化とガバナンスの変質

第1章 トランスナショナル・プライベート・パワーの台頭
 1) FIFAとトランスナショナル・ガバナンス
 2) トランスナショナル企業とプライベート・パワーの淵源
 3) トランスナショナル・プライベート・パワーと知的財産権(IPR)

第2章 「レクス・メルカトリア」の世界―−当事者自治の統治枠組み
 1) 「レクス・メルカトリア」とは何か?
 2) ADR(Alternative Dispute Resolution):裁判外紛争解決
 3) 新段階を迎えた「レクス・メルカトリア」
 4) 日本の弁護士が世界で通用するには

第3章 トランスナショナル・テクノロジーとパワーの拡散
 1) 「トランスナショナル化」を促した3つの革命
 2) トランスナショナル・テクノロジーのパラダイム・シフト
 3) トランスナショナル・ネットワーキングの時代のガバナンス
 4) トランスナショナル・テクノロジーがもたらすパワーの拡散

第4章 越境する人々とトランスナショナル化
 1) 国境を越える労働力
 2) 送金経済(remittances economy)
 3) 労働移動の自由と専門職
 4) 移民をめぐる「人権の倫理」と「秩序の論理」
 5) 「つかみどころのない空間(slippery space)」と「まとわりつくような場所(sticky place)」

 第U部 ガバナンスの何が変わったのか?

第5章 統治のパラダイム転換と「規制」概念の拡充
 1) 統治体制(governance regime)の転換
 2) 統治主体の拡張と統治方法の変質
 3) 統治におけるエンフォースメントの諸相
 4) 「ソフト・ロー」から「ソフト規制(regulations)」への転換

第6章 トランスナショナル・ガバナンスの基本枠組み
 1) トランスナショナル・ガバナンスの枠組み:2つの次元と4つの象限
 2) 第T象限(国家主体・ハード規制)
 3) 第U象限(国家主体・ソフト規制)
 4) 第V象限(非国家主体・ハード規制)
 5) 第W象限(非国家主体・ソフト規制)

第7章 ハイブリッド型統治と複合規制
 1) ハイブリッド型統治
 2) ハイブリッド型統治の諸相
 3) ガバナンス戦略の重要性

第8章 「主権の放棄なきオープン化」を求めて
 1) 超国家的統治体としてのEUのガバナンス
 2) 民主的主権(democratic sovereignty)とトランスナショナル化
 3) 「主権の放棄なきオープン化」:経済的現実と越境的統治の効力


補論1 非国家主体としてのNGOの発展
補論2 トランスナショナル化とガバナンス研究の軌跡



参考文献一覧
あとがき(結びにかえて)
事項索引
人名索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.