Contents
目次
思考を鍛えるレポート・論文作成法(第2版)
A5判/並製/160頁
初版年月日:2014/03/10
ISBN:
978-4-7664-2107-1
 
(4-7664-2107-8)
Cコード:C2000
税込価格:1,296円
思考を鍛えるレポート・論文作成法(第2版)

目次

はじめに
本書の使い方

第1章 レポート・論文を書く前に
 1 レポートとは何か、論文とは何か
  ・ 作文とは違う!
  ・ レポートと論文を区別する
  ・ ルールを学べば、書ける
 2 まずは段取り、ゴールまで見通す
  ・ お料理と似ている
  ・ 「見通し」と「見切り」をつける
 3 書くことで思考が深まる
  ・ 悩み、苦労して書く経験は貴重
  ・ 日本語で思考を鍛える
 コラム よりよく書くためのメタ認知

第2章 説得力のあるレポート・論文を書くために
 1 思考を組み立てる
 2 問いを立て、証拠を示す
 3 批判的に検討する
  ・ 批判的な視点を持つ
  ・ 一方的な意見ではダメ
  ・ 意見の根拠や判断基準を示す
 コラム 自分の言葉と他者の言葉を区別しよう
      ―コピペはひょうせつ(=ドロボウ)

第3章 レポートを書く
 1 レポートの型を見極める
 2 レポートのイメージをつかむ
 3 レポート作成の5ステップ
  ステップ1 論点を見出す
   ・ 課題を理解する
   ・ 思考を整理する
  ステップ2 調べる:最新の情報を収集する
   ・図書館の機能を最大限に活用しよう
   ・ 情報収集の手順
   ・ 情報収集で大切なこと
   ・ 情報を精選するために必要な3つの力
  ステップ3 組み立てる
   ・ 主題文を書く
   ・アウトラインを作成する
  ステップ4 執筆する
   ・ ページ設定を行う
   ・ フォーマットを用いて執筆する
  ステップ5 点検する
   ・ すべてのレポート・論文に共通するチェックポイント
   ・ レポートの類型別チェックポイント
 コラム 書くための「読む力」

第4章 論文を書く
 1 論文を書く前の心構え
 2 論文の型と研究方法
  ・ 仮説型論文と仮説型論文
  ・ 論文の型による引用法の違い
   ―俯瞰する力をつけよう
 3 論文作成の5ステップ
  ステップ1 テーマを決める
   ・ テーマ探しには時間がかかる
   ・ よいテーマとは?
  ステップ2 調べる:体系的な情報を収集する
   ・ 情報検索の方法
   ・ 情報検索の3つの手順
  ステップ3 組み立てる
   ・ 主題文を書く
   ・ アウトラインを作成する
  ステップ4 執筆する
   ・ 論文の執筆規定、投稿規定
   ・ 序論、本論、結論の執筆
  ステップ5 点検する
 コラム 卒業論文、修士論文に取り組む意味

第5章 レポート・論文の作法を学ぶ
 1 題名のつけ方
 2 定義の仕方
  ・ 定義する必要がある概念
  ・ 定義するうえでの留意点
 3 引用の仕方
  ・ なぜ引用する必要があるのか
  ・ 引用の種類と方法
  ・ 出典の示し方
  ・ 注のつけ方
  ・ 文献リストの文末記載方法
 4 パラグラフの書き方
  ・ パラグラフとは
  ・ 書き方の基本
  ・ 日本語と英語のパラグラフの違い
  ・ パラグラフの構造と連結
 5 事実と意見を区別する
 6 わかりやすい文章を書くために
 コラム 先行研究を誠実に引用しよう
  
第6章 プレゼンテーションを成功させる
 1 プレゼンテーションのポイント
  ・ プレゼンテーションのための準備
  ・ 成功させるためのポイント
 2 スライドの作成
 3 配布資料の作成

付 録
 1 論証型レポートの例
 2 文献研究による仮説論証型論文の例
 3 実証研究による仮説検証型レポート・論文の例
 4 調査や実験を実施する際の「研究倫理」について
 5 自己点検評価シートでチェックしよう
 6 参考となる文献の紹介
 7 図表一覧

あとがき
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.