Contents
目次
データ収集・分析入門
A5判/並製/184頁
初版年月日:2013/06/28
ISBN:
978-4-7664-2050-0
 
(4-7664-2050-0)
Cコード:C2000
税込価格:1,944円
データ収集・分析入門
―社会を効果的に読み解く技法

目次

 はじめに

第1章 データ分析とはどういうことか
 1.データとは何か
 2.データ分析の定義とデータ分析を行う者の心得
 3.データ分析の最低限の用意

第2章 データの種類について
 1.「定量データ」と「定性データ」への大別
 2.定量データの分類
 3.定性データの分類

第3章 データ分析を伴う研究の流れとポイント
 1.研究テーマの絞り込みと社会調査の計画
 2.社会調査の準備
 3.社会調査の実行
 4.社会調査で得られたデータの分析・公開・社会への還元
 5.まとめ

第4章 研究例(定量編)
 1.はじめに
 2.用語確認
 3.平均値の差の検定
 4.クロス集計表
 5.回帰分析
 6.主成分分析と因子分析

第5章 研究例(定性編)
 1.調査の実例:世界初の電動大型フルフラットバスを運転したドライバーへの個別インタビュー
 2.具体的な研究活動例:日本語の日常会話のコーパス作成
 会話参加者シート
 会話録音(録画)情報シート

附録
 社会調査質問票サンプル『交通環境のバリアフリー化に対する価値観調査』
 交通バリアフリー施策に対するグループインタビュー
 社会調査原稿記録用紙
 社会調査の倫理的配慮項目のリスト
 参考文献リスト
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.