Contents
目次
新編 池田彌三郎の学問とその後
A5判/並製/256頁
初版年月日:2012/10/27
ISBN:
978-4-7664-1992-4
 
(4-7664-1992-8)
Cコード:C0095
税込価格:2,860円
新編 池田彌三郎の学問とその後

目次

はじめに/再刊にあたって・藤原茂樹

第一部 昭和四十六年〜昭和五十六年
 死者の声――ノート整理を終えて
 ぷろふぃーる 池田彌三郎
 還立の詞
 『まれびとの座 折口信夫と私』(池田彌三郎著)解説
 書評『わが幻の歌びとたち――折口信夫とその周辺』(池田弥三郎著)
 三田育直会嗜好 池田君繁盛記
 ことわざの境遇――池田弥三郎『暮らしの中のことわざ』解説
 書評『行くも夢 止まるも夢』(池田彌三郎著)
 未整理の折口信夫国語学ノート
 講座「古代学」の定着と展望――昭和五八年折口信夫没後三〇年に向って

第二部 昭和五十七年〜平成四年
 逝去まで
 随身誄詞
 魚津青島
 師承の学・その展開
 『日本文学伝承論』(池田彌三郎著)発刊をひかえて
 先生の学問 
 芸能研究目的の模索
 「神道概論」成稿まで
 「言語伝承論」について――国語史研究の目的
 書評『日本文学の〝 素材〟』(池田彌三郎著、池田光編)
 愛 師弟と友人と    
 池田彌三郎<人物史・芸能研究の昭和(一)>
 池田先生の学問とその後――霊魂信仰のゆくえ
 神代と人倫 第一稿――折口信夫から池田彌三郎へ

第三部
 対談 池田彌三郎×井口樹生
     わたしの中のフォークロア
     芸能史の制約と組織

池田彌三郎年譜/池田彌三郎著作目録
あとがき 藤原茂樹/初出一覧
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.