Contents
目次
16世紀 1485年―1603年
A5判/上製/480頁
初版年月日:2010/11/18
ISBN:
978-4-7664-1646-6
 
(4-7664-1646-5)
Cコード:C3322
税込価格:5,280円
16世紀 1485年―1603年

目次

 日本語版に寄せて   ポール・ラングフォード
 監修者序文   ポール・ラングフォード
 日本語版監修者序文   鶴島博和
 凡例
 図版一覧
 王家の家系図ならびに地図一覧
 執筆者一覧

序 論   パトリック・コリンソン

第一章 経済と社会   ジェームズ・A・シャープ
基礎となる構造
変化の諸力
結論

第二章 権力の限界――イングランド王権とブリテン諸島   スティーヴン・G・エリス
地理と社会
首都からの展望と「ケルト周縁」
ヘンリー七世とテューダー国家の辺境
ヘンリー八世のもとでの対外戦争と国境地帯
対内的再構築
反乱、中央集権化、そして統合
テューダー朝中期の危機とプロテスタンティズムの進展
宗教改革とブリテン国家システムの出現
民族アイデンティティとゲール世界の崩壊
テューダー朝のアイルランド征服
三王国の王冠――不安定な相続

第三章 宗教の変化   ディアミッド・マカロック
改革と惰性 一五○○〜二○年
ロンドンの植民事業 一五二○〜五八年
宗教の革命に対する応答 一五二○〜五八年
公的なプロテスタント十字軍 一五五八〜一六○三年
敬虔な人びと 一五五八〜一六○三年
未来のブリテンの教会?

第四章 君主制と助言制度――国家の諸形態    ジョン・ガイ
一五〇〇年頃の王権と領主権
「至上の」君主に関する理論
「助言」理論
抵抗権論と人民主権
エリザベス時代の枢密院と「混合政体」
一六〇〇年までの古典文学と君主政理念
参考文献

第五章 ブリテンにおけるルネサンス   グレッグ・ウォーカー
文学と学問――人文主義のルネサンス
規範と妙技――文芸ルネサンス
劇の発展――ルネサンス期イングランドの劇場
国民の歴史
建築のルネサンス
宗教改革が芸術に与えた影響
一六世紀の音楽――宗教改革とルネサンス
芸術と政治
視覚芸術――政治とプロパガンダ
結論

第六章 ブリテン、ヨーロッパ、世界   サイモン・アダムズ
百年戦争の終結
ブリテンの優越
イングランドでのカトリック教会復興計画
イングランドの反応
海上の状況
より広大な世界
ヨーロッパ大陸の支配権

結 論   パトリック・コリンソン

 訳注
 用語解説
 文献案内――さらに読み進めるために
 年表
 王家の家系図
 地図
 索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.